セミナー情報受付終了

実務上のヌケモレをなくし、効果・効率を高める

商品企画の正しい進め方

消費財の 新商品やリニューアルに活用

オンライン

2023.08.28.Mon.  | 13:00~17:00開催

  • 本セミナーは終了しております。同様のセミナーが新たに決定していることもございますので、ぜひセミナー情報 一覧をご覧ください。

あるようで、無い?! 「自社流」の商品企画のプロセス

意外と思われるかもしれませんが、大手メーカー様においても「自社流」の商品企画プロセスが整備・活用されていることはほとんど無いようです。

また、商品企画の採否を決定する「上席者」においても採否基準を有するケースは少なく、結果として「なぜか企画が進んだ」「なぜかヒットした、失敗した」というように、検証が出来ないということもよく伺います。

商品企画には「型」や「プロセス」が無いのか?というと、実際には存在し、様々な形で世の中には出回っています。
加えて、社内にも本当は存在するのに、多忙な商品企画ルーティーンの中で埋没していたり、前任者のやり方を踏襲するうちに風化されている、活用されていないというのが実際のトコロです。

本セミナーは、商品企画の「型」や「プロセス」の王道についての解説に加え、商品企画経験者から実務上の留意点もお伝えいたします。
型やプロセスの確認はもちろん、実践上のヌケモレの発見や商品企画の歩留まり向上のヒントの獲得にお役立てください。

■このような方にお勧めです

  • 商品企画業務の基本を確認したい
  • 事例などから実際の業務のヒントを得たい
  • 調査データをこれまで以上に活用したい
  • 商品企画の歩留まりを向上させたい

講師紹介

加藤 寛之

株式会社Marketing Function CEO 代表取締役

アサヒビール株式会社入社後、営業部門を経てマーケティング部門に配属。主にスピリッツカテゴリーのブランドマネージャーとして、市場分析、リサーチ、商品開発やプロモーションなどトータルでブランドマネジメントを実践。その後、ソフトドリンクなどの商品企画にも従事。2016年からは株式会社エルビーにてFX開発室にて新規領域開発の専門部隊 既存商品やカテゴリーの枠にとらわれず、新たな市場創造のためのニーズ探索、市場分析、商品開発、販路開拓を行い、2018年に株式会社MarketinnguFunctionを設立。
主にアルコールや飲料、食品などのリサーチ・データ分析から、商品企画・開発、ブランディングやブランディング、広告・宣伝・プロモーション、デジタルマーケティングなどの支援を実施している。

プログラム概要

1.商品企画の「型」


2.商品企画プロセスの基本と実務上のポイント

プロセス1.市場・カテゴリーの全体把握 
定量と定性情報の活用/消費財・サービス財別の定量情報の活用/定性情報はどこから、何に着目するか?

プロセス2.「買いたい!」をつくる、生活者が抱える生活上の問題発見とニーズの把握
行動観察 / ★事例で解説、アンケートの活用 /ニーズが見つかれば、コンセプトが出来る

プロセス3.コンセプト開発:誰のニーズか?! デモグラ(性年代別など)ではなく、ニーズからセグメントする
★事例で解説:輸入ワインのコンセプト開発

プロセス4.プロダクト開発:独自性を発揮し、コンセプトとパフォーマンスのバランスを取る
★事例で解説:競合追随の新商品のプロダクト開発「いかに独自性とパフォーマンスを両立させたか」

プロセス5.ブランド戦略の策定
★事例で解説:事業成長の見通し(流通側の3C)、社内連携の体制固め(どう共感してもらうか)

プロセス6.発売に向けての準備
営業支援(社内説明や営業同行などのポイント)/広報支援(リリースの作成や試飲会などのパブリッシング)

プロセス7.発売後の確認:1か月以内にするコトと定期的に実施すべき確認
定量情報(パネルデータやモニター浸透度のトラッキング):インテージなど市場データの活用
定性情報:例えば、購入者インタビューでの確認ポイント

プロセス8.改善点・課題の共有(→プロセス4に戻ってPDCA


3.顧客の声を聞くことの重要性:外注に丸投げしない、精度の高い「調査」のマネジメント


4.FA分析の事例紹介:
★マーケティングコストを掛けずに実施、活用した事例


5.マーケティングツールとして、AIやデジタルツールが普及する時代だからこその、マーケターの在り方

受講にあたって

  • 本セミナーはテキストを送付いたします

  • 受講URLはメールにて開催日前日までにご案内いたします

開催概要

開催日時
2023年8月28日(月)13:00~17:00
会場
★ZOOM社ウェビナーを使用したWEBセミナーです
受講料
お一人様 33,000円(税込)
セミナーNo.
0617030
終了したセミナー

Pickup seminar

関連するセミナー

受付中

4月

22

マーケティング支援

2024年

CVS向け商品開発

~進化するCVS、商品開発の方向性~

講師:松澤 圭子 他

受付中

4月

23

マーケティング支援

ブランドと消費者をつなぐコミュニケーション戦略

~顧客の創出を目標とするブランド価値の正しい伝え方~

講師:前田 環

受付中

4月

25

マーケティング支援

メーカーとしてのPB商品戦略を考える!

これからのPB商品企画・開発

講師:近野 潤

Pickup service

関連するサービス

マーケティング支援

食品メーカー・食品原材料・素材メーカー向け

業務用営業部門の高収益化支援 

マーケティング支援

マーケティング研修 マーケティング基礎編・実践編・営業部門向け

セミナーをお探しの方

お問い合わせ