コラム

OJT・人材育成マニュアル作成のススメ 第7回 マニュアル作りの現場から ~現場インタビューの重要性~

マーケティング研究協会

中村 佳美

2020.05.11.Mon.

第6回では、育成担当者(教える側)に対する教育支援について触れました。(第6回 OJTの体制づくり2「育成担当者の教育支援」)

第7回では、マニュアル作りの現場に戻り、教育要素を洗い出す工程でのインタビューの重要性について触れていきます。そして、弊社のような第三者が介入してその工程を行なうメリットはどんなところにあるのでしょうか。

1.育成現場のインタビューから見えること

マニュアルを作る際に、まず教育要素を洗い出し整理するというプロセスは、皆様も必要不可欠だという認識だと思います。方法としては例えば、マニュアル作成のプロジェクトメンバーで、業務内容のブレインストーミングをするようなイメージを持たれているのではないでしょうか。

弊社でマニュアル作りをご支援する際は、そのようなブレインストーミングに加え、現場のインタビューを実施させていただきます。なぜ現場インタビューをするかというと、業務内容を確認する意味もありますが、プロジェクトメンバーとのディスカッションだけでは見えてこなかった「現場のホンネ」、「現場ならではの業務の工夫やルール」などが見えてくるからです。

2.第三者によるインタビューのメリット

弊社のような第三者が現場の声を聞きに行くメリットとしてはやはり「客観性・中立性を保てる」ことにあるのではと考えています。

組織人としての立場、利害関係がある中では、現場がいつも本音をさらけ出してくれるとは限りません。また本部には当然、本部としてのお立場や発信していることがあるので、それらを一旦横に置いて、先入観を持たずに現場に耳を傾けるというのは、とても骨の折れる作業です。

第三者であれば、組織へのしがらみもなく、客観的に本部の考えと現場の実態を把握し、課題解決のための策を提示しやすいのです。


過去のインタビューで出てきた例として、こんなことがありました。

●以前研修で学んだビジネスマナーと、現場のやり方が違う。どちらが本当は正なのか、実は若手に説明できない。

●営業同行したときは、とにかく良いところを3つ以上見つけてすぐ褒めるようにしている。それから改善点を言うようにしないと、若手は本気でへこんでしまう。

●新しく入ったメンバーの役割を期待されるが、年齢も近いし、上から目線と思われると人間関係に影響がでる。


現場のインタビューしておくと、このような現場の声をふまえ
「本部としてマナーをこのように統一し、ブランドとしての考え方を解説に盛り込みませんか」
「現場で行われているこのやり方を、事例としてマニュアルに盛り込みませんか」 
「若手育成を期待する立場の方にはテストを受けてもらい、育成の合格者としてバッジをつけてもらうことで立場をサポートしませんか」
といった意見交換やアイデア出しに展開していきます。

現場インタビューは、業務の棚卸や確認にとどまらず、現場の人材育成を推進するヒントを見つけることができる重要な場なのです。

次回はいよいよこのコラムも最終回です。マニュアル教材の多様性について述べていきます。

筆者

マーケティング研究協会

中村 佳美

商社の事務職、営業コンサルティング会社の営業職を経て、2012年マーケティング研究協会入社。企画営業職として、クライアントの営業力強化、マーケティング強化を支援している。クライアントの支援を通じて学んだ人材育成ノウハウ、新人時代に受けた上司の優れたOJTの経験を活かし、営業販売部門のOJT・人材育成業務のマニュアル作成支援も行っている。

Pickup column

この筆者の別のコラム

コラム

2020.06.08

OJT・人材育成マニュアル作成のススメ 第8回 マニュアル作りの現場か…

マーケティング研究協会

中村 佳美

第7回では、マニュアル作りにおいて、教育要素を洗い出す工程でのインタビューの重要性について触れました。 最終回の第8回では、教材の多様化について触れていきたいと思います。

コラム

2020.04.07

OJT・人材育成マニュアル作成のススメ 第6回 OJTの体制づくり2「育成…

マーケティング研究協会

中村 佳美

第5回では、マニュアルの原稿を作成する段階で、込めるべき"思想"の重要性について述べさせていただきました。 第6回では、マニュアルを使って実際にOJTをする育成担当者の教…

コラム

2020.03.16

OJT・人材育成マニュアル作成のススメ 第5回 良いマニュアルはWHAT+…

マーケティング研究協会

中村 佳美

第4回では、"現場で使えるマニュアル作りに必要な2つの視点"をとある接客業務のマニュアル作りをケースに解説しました。 第5回では、実際にマニュアルの原稿を作成する段階で、…

コラム

2020.02.26

OJT・人材育成マニュアル作成のススメ 第4回 現場で使えるマニュアル作り…

マーケティング研究協会

中村 佳美

第3回では、マニュアル作成に入る前に考えておきたい2つのポイント「育成計画」「いつ誰がどのように使うのか」に触れました。 第4回では、もう少しイメージが沸きやすいよう、某…

コラム

2020.02.14

OJT・人材育成マニュアル作成のススメ 第3回 現場で使えるマニュアル作り…

マーケティング研究協会

中村 佳美

第2回で、短時間で効率的にOJTを実現する体制づくりとマニュアルの活かし方を解説しました。(第2回 OJTの体制づくり①「時間が無い中でどのようにOJTするのか?) 第3…

コラム

2020.01.29

OJT・人材育成マニュアル作成のススメ 第2回 OJTの体制づくり①「時間…

マーケティング研究協会

中村 佳美

第1回はビジネス環境の変化を背景に、人材育成やOJTの現場でマニュアル存在が有効であることに触れました。(第1回 マニュアルの必要性が高まるOJT現場) 第2回は、短時間…

コラム

2020.01.21

OJT・人材育成マニュアル作成のススメ 第1回 マニュアルの必要性が高まる…

マーケティング研究協会

中村 佳美

ここ数年、OJTや人材育成のためのマニュアル作成のご依頼が増えています。 発想力や思考力、柔軟性や臨機応変さが求められるこのご時世で、あえてマニュアルが求められる背景には…

コラム一覧はこちら

Pickup seminar

関連するセミナー

受付中

7月

3

その他

定型的な業務思考から抜け出す
「発想転換」3つの方法

AIが進化する中で、人間に求められる知力と能力とは?

講師:中村 隆紀

セミナーをお探しの方

お問い合わせ