セミナー情報受付終了

消費財メーカー向け

【中止】商品回収スキーム再点検セミナー

~自社スキームを小売業・法規・行政の変化に合わせてアップデートするためのポイント~

オンライン

2022.10.27.Thu.  | 13:00~17:00開催

  • 本セミナーは終了しております。同様のセミナーが新たに決定していることもございますので、ぜひセミナー情報 一覧をご覧ください。

セミナー概要

本セミナーは都合により開催が中止となりました。(2022.10.20更新)

自社商品回収スキームは小売業の最新の対応方法に合わせて再点検できていますか?

小売業の店頭では消費者の衛生意識の向上などにより、商品回収を求められることが増加傾向にあります。

それに合わせ、小売業の顧客対応・商品管理などの考え方や対応も年々変化しています。

そのため、自社の商品回収スキームが最新の状況に合ったものとなっているか、定期的に再点検しておくことが重要になります。

旧態依然としたスキームのままでは小売業を納得させられず場合によっては小売業から難題ともいえる対応をさせられることもあります。


●小売業から求められる難題対応例

  • 商品回収の状況に関わらず、社告を新聞に掲載する事が前提になっている
  • 自社営業が、小売業の店舗に臨店し対象の商品回収する事を求められる など


本セミナーでは、小売業が自社商品回収スキームに納得する為に必要なポイントと商品回収が起こる前から準備すべきポイントについて学ぶことができます。

特に、次のようなポイントをメーカー・小売業の商品回収スキームなどの緊急事態対応マニュアル作成支援経験豊富な講師が事例を交えて解説します。


●セミナーで学べるポイント

  • 小売業の顧客対応の変化とメーカーが留意するべきポイント
  • 法規・行政に基づいた小売業が納得する『エビデンス』の構築方法
  • 取引先小売業と問題が起こる前から共有しておくべき情報
  • 定期的に自社スキームを再点検するタイミングと仕組みの作り方

講師紹介

西尾 晋 

株式会社エス・ピー・ネットワーク
執行役員(総合研究部担当)

2001年、株式会社エス・ピー・ネットワーク入社。
悪質クレームや反社会的勢力対応、危機管理広報等のクライシス対応支援を数多く手がける他、コンプライアンスや反社会的勢力対応、内部統制、株主総会、事業継続マネジメントシステム等に関する危機管理コンサルティング、外部オープンセミナーや大学での講義まで幅広く担当する。現在、総合研究部にて、各種危機管理コンサルティングに携わる一方で、企業危機管理に関する各種事象やリスク対策の研究、各種原稿の執筆を行う。また、千葉科学大学大学院博士課程危機管理学研究科にて、実践的危機管理に関する研究も行う。



   
                    

プログラム概要

1.商品回収スキームは、何故必要なのか?

  1)メーカーの商品回収スキームが必要な理由
  2)定期的に再点検できていないスキームが起こす問題
    ①自社営業・製造担当で起きている問題
    ②小売業本部・店舗で起きている問題


2.自社スキームを再点検するには?

  1)自社商品に関係のある情報を集める
    ~小売業から定期的に情報収集を行う~
  2) 法規、行政などに合わせてアップデートする
    ①食品衛生法など関連性の高い法規の情報を集める
    ②全国の保健所などの行政と、連携できる準備をする


3.小売業をとりまく顧客・商品管理の変化とは?

  1)小売業店舗での顧客・商品管理の変化を理解する
  2)店舗顧客の変化
    ①消費者の変化がもたらした小売業への影響
    ②返品強要などのカスタマーハラスメントによる顧客対応の変化


4.小売業から求められる過剰な対応と原因

  1)小売業がメーカーに求める過剰な対応とは?
   ・例1:商品の状況に関わらず、全ロット、全品回収
   ・例2:どんな状況でも、まず初めに新聞への社告掲示 など
  2)過剰な対応が求められる原因
   ~小売業の顧客対応の変化にメーカーが対応できていない。
    メーカー対応を納得させるには?~


5.小売業が納得する『エビデンス』を知る

  1)小売業が自社スキームに納得する『エビデンス』とは?
    ①最新の法規・行政の動向に対して明確な対策を掲示している
    ②小売業企業別の考え方に合った対応を準備できている
  2)小売業と事前に情報共有ができる関係をつくるには?
    ①小売業別の顧客・商品管理の情報収集を行う
    ~小売業と事前共有すべき5つのポイントを解説~ 


6.緊急事態発生前からメーカーが準備しておくべきこと

  1)商品回収スキーム再点検のタイミングと、改定のポイント
   ~フローチャートで自社商品回収スキームを再点検する~

受講にあたって

  • 本セミナーはZoom社ウェビナーを利用して開催いたします。PC、タブレットなどから閲覧いただけます。
  • お申込み後、ご登録頂いたメールアドレス宛に受講について詳細をご案内させて頂きます。
  • セミナー中は、受講される方の映像や音声は、各参加者・講演者・事務局には共有されません。
    質疑応答の方法はセミナー内でご案内させていただきます。

テキストを郵送にて送りするため、テレワークで受講されるの方は、ご自宅等お受け取り可能なご住所と電話番号をお申込みフォームにご記入ください。

開催概要

開催日時
2022年10月27日(木)13:00~17:00
会場
★ZOOM社ウェビナーを使用したWEBセミナーです
受講料
お一人様 42,000円(税込)
セミナーNo.
1717001
終了したセミナー

Pickup seminar

関連するセミナー

受付中

4月

18

BtoC営業力強化

2024年

ドラッグストア業界の新たな展望

~チェーンとパートナーシップを築きで売上・利益を最大化する方法とは~

講師:荒木 伸一郎

受付中

5月

21

BtoC営業力強化

3時間でわかる

小売DXの現状とこれからのメーカー対応

講師:鈴木 聖一

受付中

5月

24

BtoC営業力強化

秋冬商談直前対策 

バイヤーに伝わる・刺さる
提案書のつくり方

提案書の総点検!

講師:横田 晃 

Pickup service

関連するサービス

BtoC営業力強化

量販営業のための
ベーシックスキル研修

変化する小売業への“対応力の地力” を養う

BtoC営業力強化

消費財メーカー様に進呈中

小売業への営業活動に関するアンケート2023 調査レポート進呈中

消費財メーカーの方100人に聞きました

BtoC営業力強化

消費財メーカー様に進呈中

小売業のメーカーとの
商談実態2023
レポート進呈中

小売業の方300人に聞きました

セミナーをお探しの方

お問い合わせ