セミナー情報受付終了

これからのマーケティング・商品企画のすすめ方

~コロナ以降の顧客・市場の変化を事例とキーワードから予測する~

オンライン

2022.07.14.Thu.  | 13:00~17:00開催

  • 本セミナーは終了しております。同様のセミナーが新たに決定していることもございますので、ぜひセミナー情報 一覧をご覧ください。

セミナー概要

元日経トレンディ編集長の講師が考える これからのマーケティング・商品企画を事例とキーワードで徹底解説!!

  • コロナ以降の自社のマーケティングの方向性はどうあるべきか?
  • ・ヒット商品を企画するためのヒントはどこにあるのか?

また、マーケティングの基本とされる、

  • 【プロダクトアウトからマーケットイン】【インサイト】【差別化】などをふまえ、コロナ以降の顧客・市場動向の変化にいかに対応し、商品企画を進めるべきか

自社に適した進め方についても模索されている方も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、
日経トレンディ元編集長の講師がコロナ以降のこれからのマーケティング・商品企画において、おさえるべきポイントと、【プロダクトアウトからマーケットイン】【インサイト】【差別化】などを商品企画にいかに落とし込むのかについて、実際の商品企画・開発事例を元に解説します。

■このような方におすすめです

  • コロナ以降の顧客・市場動向の変化に対して、何を準備すべきか理解し、備えたい方
  • 商品企画において【プロダクトアウトからマーケットイン】の言葉が独り歩きしており、自社に適した取り組み方を再検討したい方
     
  • これから消費が増えるミレニアル・Z世代・Z世代以降の【インサイト】の考え方を理解したい方
  • 他社商品の後追いではなく、本質的な【差別化】商品の企画を進めたいと考えている方

【ご案内】
本セミナーはグループワークを行うため、各自で映像と音声の出力ができる端末をご用意ください

こんなお悩みありませんか?

  • 【プロダクトアウトからマーケットイン】とよく聞くが、自社商品への具体的な活用方法がわからない
  • 顧客の【インサイト】が重要とされるが、コロナ以降のこれからの顧客志向がわからない
  • 自社商品の企画経緯が他社商品の後追いになりがちで【差別化】できていない

講師紹介

北村 森

商品ジャーナリスト
サイバー大学 IT総合学部教授

月刊誌「日経トレンディ」編集長を経て、2008年に独立。消費トレンド分析、商品テストを専門領域とし、中日新聞/東京新聞、日経MJなど8媒体で連載コラムを執筆。
また、ANA国内線「北村森のふか堀り」監修、日本経済新聞社「未来ショッピング NIPPON PRIDE」監修、経済産業省の地域産品ブランディング事業のチームリーダー、大手鉄道会社の商業施設MDなど、商品開発を軸としたプロジェクトに数々参画している。
通信制大学のサイバー大学ではIT総合学部教授として、地域マーケティング論、商品企画論などを担当。
著書である『途中下車』は2014年、NHK総合テレビでドラマ化された。

セミナーのプログラム

1.市場・顧客はコロナ以降でこれからどう変化するのか

 コロナ禍の変化は一時的なのか?コロナ以降の変化に対応するためにするべき準備とは


2.これからのマーケティングのあるべき姿とは

 1)今までのマーケティングはこれからも通用するのか
   疑うべき3つの既存マーケティング手法を事例で確認する~

  ①【プロダクトアウトからマーケットイン】の考え方で本当に良いのか
    2000年代後半の大手メーカーの失敗事例
    【マーケットイン】志向の誤った認識と、【プロダクトアウト】の重要性
    
  ②これからの【インサイト】の意味を問い直す
    現場と上層部の考える【インサイト】の認識のズレは何故起きるのか?
    よくある事例と対策について~   
    
  ③差別化を重要視するが、商品の【差別化】の本当の意味は
    安易な差別化 例)他社商品の模倣 食品のフレーバー違いなど
    そもそも【差別化】する目的とは?
    
 2)コロナ以降のこれからに対応できるマーケティングのキーワードとは


3.ワーク①:
  これからのマーケターとしての心構えとは?マーケティングで考えるべき事とは


4.事例で学ぶ:これからの商品企画のヒント

 1)市場を学ぶ:
   変化している市場競争、新しい市場への2030年までの基礎的取り組み方
   コロナ禍から2030年までの変化に対応するために今からできる準備とは?
  
 2)世代を学ぶ:
   ミレニアム・Z世代、Z世代以降の世代の消費者に対応するためには
   各世代の顧客志向に対応した商品企画のすすめ方とは?
  
 3)事例で学ぶ:
   市場・世代の変化に合わせた商品企画を行いヒット商品を育てるためには
   オリンピックで注目された商品で学ぶ、これからの商品企画への繋げ方


5.ワーク②:
  これから求められるマーケティング・商品企画のキーワードの抽出と整理


6.まとめ
    
          

受講にあたって/留意点

  • 本セミナーはZoomミーティングを利用して開催いたします。PC、タブレットなどから閲覧いただけます。
  • お申込み後、ご登録頂いたメールアドレス宛に受講について詳細をご案内させて頂きます。
  • セミナー中に発言をお願いする場面もございますので、ご協力をお願いいたします。

お申込みに際して、お申込みフォームに下記の内容をご記入ください。

郵送でお送りするため、テレワークの方はご自宅等受け取れるご住所と電話番号をご記入ください。

1)テキスト送付先
2)セミナー当日にご連絡が取れる携帯番号

開催概要

開催日時
2022年7月14日(木)13:00〜17:00
会場
★ZOOM社ミーティングを使用したWEBセミナーです
受講料
1名様 42,000円 (税込み)
セミナーNo.
0617017
終了したセミナー

Pickup seminar

関連するセミナー

受付中

6月

21

マーケティング支援

無料で使えるマーケティングデータ
徹底活用セミナー

~オープンデータを活用して消費者トレンドを発見する~

講師:蛭川 速

受付中

6月

26

マーケティング支援

無料セミナー:
BtoB企業のマーケティング問題・解決策2024と
マーケティング強化のポイント

講師:スピーカー
伊藤隆裕、嶋吉研人

受付中

7月

10

マーケティング支援

新商品企画の成功率とロングヒット率向上につながる!

売れ続ける商品を生み出すヒント

~明解な商品開発コンセプトの創造へ~

講師:清水 孝洋

Pickup service

関連するサービス

マーケティング支援

BtoB企業の
マーケティング実態調査レポート進呈と
無料セミナー開催のご案内

調査レポート進呈中

マーケティング支援

食品メーカー・食品原材料・素材メーカー向け

業務用営業部門の高収益化支援 

マーケティング支援

マーケティング研修 マーケティング基礎編・実践編・営業部門向け

セミナーをお探しの方

お問い合わせ