エリアマーケティング研修

限られた資源を各エリアで有効活用するためにどこで勝つか、何で勝つかを明確にしていくという考え方を理解することを目的とします。
本研修により エリア戦略の取り組み課題と方法を明確化させることが可能となります。

適正対象者
  • 営業マネージャー・拠点長
  • エリアマーケティングという考え方を身につけたい方
  • 地域特性の理解ができなく悩んでいる方
得られる効果、習得できるスキル・知識
  • エリアマーケティングの考え方を理解する
  • 地域を軸に、企業と顧客の新たな切り口を習得する
F-9
本プログラムは一例となります。貴社の課題、ご要望をお聞きした上で、業種・業態に合わせ、もっとも実効性のあるプログラムにカスタマイズしたします。

研修の流れ: 第1日目

1. エリアマーケティング戦略とは 

・・・ 「様々な地域差を理解する」

1.都道府県別シェア
    〜地域別競争関係の研究〜
2.県民特性とニーズの変化
   〜全国一律の営業戦略から地域密着型へ〜
3.人口動態の分析
    〜販売余地の研究〜

2.エリアマーケティングの基本的考え方

・・・ 「戦略発想の基本を理解する」

1.3つの地域差を理解する
   1. 需要の量と質の差、2. 競争の規模と質の差、3. 顧客の量と質の差
2.強者の戦略と弱者の戦略
    〜ランチェスター戦略に見る成功法則〜

3.(拠点別)3C分析の考え方

・・・ 「現状分析なくして、市場での勝利なし」

1.市場・顧客分析 〜はじめに、「現状分析ありき」
2.自社・競合分析 〜自社と競合のポジションを分析する
3.SWOT分析 〜自社の「強み」・「弱み」・「機会」・「脅威」の分析
4.3C分析

    ●グループワーク
●発表/相互コメント

研修の流れ: 第2日目

4.重点化戦略の考え方

・・・ 「限られた資源の有効配分」

1.重点エリアの設定方法
2.重点化基準の設定
3.顧客のポジショニングとその対応方法
      ●グループワーク
      ●発表/相互コメント

5.拠点別エリア戦略概要書の作成

・・・ 「今後の取り組み課題を明確化する」

1.重点エリア及びNo.1化対策
2.エリア戦略マネジメント
3.戦略会議による情報共有化策
4.ブランド価値の最大化
      ●グループワーク
      ●発表/相互コメント

6.まとめ

エリア戦略の実践展開に向けて




営業・販売の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズ、業界・業態を的確に把握、リサーチし、最適な方法、解決案をご提案します。
個別研修だけでなく、マーケティングリサーチ、診断・分析、プランニングに至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング