フィールド・ラウンダー育成

知識・スキルを習得することで、活動のベースを揃え、効果的な店頭 展開・売上げ拡大が可能となります。
またボトムアップ(全体的な底 上げ)と均質化・標準化が実現できます。これにより活動の評価や検 証(活動目的の達成度合いなど)が可能となります。

適正対象者 フィールドスタッフ管理・育成担当者
得られる効果、習得できるスキル・知識
  • 業態の特性やカテゴリーの位置付け
  • 消費者の意識・購買行動
  • インストア・マーチャンダイジング(ISM)
  • 販促物の役割と設置方法
  • カラーコントロール
  • 短時間で効率の良い陳列技術
  • 手書きPOPなどの販促物のつくり方
  • ヴィジュアル・マーチャンダイジング(VMD)
  • 店長・売場スタッフに対する商談・折衝術など
E-14
本プログラムは一例となります。貴社の課題、ご要望をお聞きした上で、業種・業態に合わせ、もっとも実効性のあるプログラムにカスタマイズしたします。

研修の方向性

1.活動目的・プロセスの理解する


「本部商談結果の店頭展開」「新商品導入・プロモーション企画の迅速な展開」「定番外売場(エンド、催事売場など)の獲得と売場づくり」「定番売場のメンテナンス(クレンリネス、商品補充、販促物設置など)」など、フィールドスタッフの活動目的によってそのプロセスは大きく違います。
まずは活動目的とそのプロセスを十分に理解することが強化・育成の第一歩となります。

2.活動に必要な知識・スキルの習得

活動を円滑に進める為に、強化・育成のポイントを「知識」と「スキル」の両面から捉えます。

「知識」としては業態の特性やカテゴリーの位置付け、消費者の意識・購買行動、インストア・マーチャンダイジング(ISM)、販促物の役割と設置方法、カラーコントロールなどがあります。

「スキル」としては、短時間で効率の良い陳列技術、手書きPOPなどの販促物のつくり方、ヴィジュアル・マーチャンダイジング(VMD)、店長・売場スタッフに対する商談・折衝術などがあります。

3.知識・スキルアップ・活動レベルの均質化

知識・スキルを習得することで、活動のベースを揃えることが可能となり、ボトムアップ(全体的な底上げ)と均質化・標準化が実現できます。
これにより活動の評価や検証(活動目的の達成度合いなど)が可能となります。




販売促進の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズ、業界・業態を的確に把握、リサーチし、最適な方法、解決案をご提案します。
個別研修だけでなく、マーケティングリサーチ、診断・分析、プランニングに至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング