カタログ・パンフレットの基本と効果的活用法研修

「紙」媒体を中心に依然として企業のマーケティング・コミュニケーションのツールとして、大きな役割を担っている「カタログ」や「パンフレット」。その一方、パソコンやインターネットの普及により、メディアの多様化が加速度的に進む中カタログのあり方は大きく変わろうとしています。
その様な時代の中で、これからのカタログ、パンフレットはどのようにあるべきか?について、担当者として知っておくべき制作プロセスや基本的知識と、最近の事例に見られる新しい形態や表現方法、最新のマーケティング戦略の中での使われ方等について、事例を交えて学びます。

適正対象者
  • 商品企画、広告宣伝、マーケティング、販売促進、等の担当者、及びマネジャー
  • カタログやパンフレットの企画や制作のご担当者で、現状の仕事の進め方に疑問をお持ちの方
得られる効果、習得できるスキル・知識
  • カタログ、パンフレットの企画、制作の基本知識が学べます
  • 具体的事例から、マーケティング戦略、SP戦略の中での有効なカタログ、パンフレットの企画、デザインのノウハウが身に付きます
  • 担当者として「何をすべき」で「何をアウトソーシングすれば良いか?」の判断材料が得られ、より効率的な企画、制作へ考え方が身に着きます
E-18
本プログラムは一例となります。貴社の課題、ご要望をお聞きした上で、業種・業態に合わせ、もっとも実効性のあるプログラムにカスタマイズしたします。

研修概要(一例)

1.カタログ・パンフレット制作の基本

1.カタログとパンフレットの機能とポジショニング
2.カタログ・パンフレット制作の考え方
3.制作に必要な知識と留意点

2.カタログ・パンフレット制作の流れと管理

1.カタログ・パンフレット制作フローと工程別留意点
2.役割分担と進行管理
3.カタログ・パンフレット作りの標準化
4.カタログ・パンフレット制作環境の変化と今後動向

3.カタログ・パンフレット制作のポイント 〜 見やすさ、読みやすさの演出 〜

1.カタログ・パンフレットコンセプト
2.コピー、デザイン、フォーマット等
3.レイアウトの考え方と手法
4.売れるカタログ・パンフレットづくり

4.マーケティング戦略、SP戦略におけるカタログ・パンフレットの役割

1.利用者の共感を獲得できるカタログ・パンフレットづくり
2.「マーケティング4要素」と「VMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)」の概念
3.VMDフォーマットの基本的な考え方と配列・編成のポイント
4.「クリエイティブ」と「トレンド」

5.これからのカタログ・パンフレット戦略

1.情報の到達速度、ユーザーの意識を考慮した効果的な表現方法
2.センスを買う消費者たちへの対応
   〜「センス」を表現するのはスペックではなく「フィロソフィー」
3.「欲しい」に導く表現方法




販売促進の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズ、業界・業態を的確に把握、リサーチし、最適な方法、解決案をご提案します。
個別研修だけでなく、マーケティングリサーチ、診断・分析、プランニングに至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング