POSデータ分析・活用研修

POSデータの活用するに当たっての基礎知識から、営業活動に活用するための戦略的分析方法までを理解することが可能となる研修です。

適正対象者
  • データ分析を担当されている方
  • POSデータを表面的に集計しているだけの気がする方
  • POSデータと他のデータを組合せて分析できていない方
得られる効果、習得できるスキル・知識
  • POSデータの本質の理解
  • POSデータを有効活用するためのデータを読み取る力の習得
E-9
本プログラムは一例となります。貴社の課題、ご要望をお聞きした上で、業種・業態に合わせ、もっとも実効性のあるプログラムにカスタマイズしたします。

研修概要(一例)

1.POSデータの基本

1.そもそもなぜPOSデータ分析が必要なのか
2.市場の変化とPOS開示の現状とは
3.POSデータを活用した営業活動と分析のあり方について
    マーケットの基調を考える、セルインからセルアウトへ

2.POSデータの活用に向けて

1.営業活動の視点から見た求められるPOSデータ分析テーマ
    得意先実績から見た営業活動の課題整理方法
    棚割提案(店舗分析の必要性)の進めかた
    新製品配荷と検証方法
    販促提案と検証方法
    拡売費管理と特売検証方法
2.POSデータ活用を進める上で必要なこと
    取組企業の位置づけと事例共有化/水平展開をどう進めるか
3.POSデータ活用の多面活用(営業戦略等)の方向性




販売促進の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズ、業界・業態を的確に把握、リサーチし、最適な方法、解決案をご提案します。
個別研修だけでなく、マーケティングリサーチ、診断・分析、プランニングに至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング