実践マーケティング研修

マーケティングを自社の業務プロセスに展開するために、自社をケースとして一連のフレームワークを検討していきます。

適正対象者
  • マーケティングの実務推進者
  • マーケティングの基本的な知識・スキルを既に有している方
得られる効果、習得できるスキル・知識
  • 自社のマーケティングコンセプトの作成が研修を通して得られます
  • アクションプランニングに落とし込み、明日からの実務に展開することも可能となります(オプション)
C-3
本プログラムは一例となります。貴社の課題、ご要望をお聞きした上で、業種・業態に合わせ、もっとも実効性のあるプログラムにカスタマイズしたします。

研修の流れ

マーケティングのフレームワークを自社に置き換えて検討していきます。
明日から実務に展開できる実践型のカリキュラム構成となっています。
標準研修日数は2〜5日間

1.マーケティングマインドの醸成(講義&小演習)

1.景気後退期におけるマーケティングの傾向
2.自社の事業活動はどれだけ顧客視点で検討されているか総点検

2.顧客戦略の立案(実習グループワーク&全体討議)

1.自社の顧客を定義する
2.セグメンテーション軸の選定(変数のアイデア抽出)
3.2×2のセグメントを考える
4.セグメンテーションの評価
5.ターゲットセグメントの選定(ターゲット選定シート)

3.顧客ニーズの探索(実習グループワーク&全体討議)

1.バイング・エクスペリエンス・サイクルから顧客の問題点を抽出
2.ターゲット顧客の特性(意識特性・行動特性)からニーズを考える
3.ニーズ構造化分析によって潜在ニーズを探索する

4.差別的優位性の確立(実習グループワーク&全体討議)

1.商品分析・・・品揃えの魅力度、「自社の強み且つ競合企業の弱み」を探索する
2.バリューチェーン分析・・・業務プロセス上の優位点を抽出する
3.営業力分析・・・営業力・マネジメント力とチャネルのカバー率の中から優位点を探る
4.技術分析・・・製品ライン別に技術評価を行う
5.自社のポジショニングマップを作成

5.マーケティングコンセプトの立案(実習グループワーク&全体討議)

1.基本コンセプトの立案・・・「誰の」「どのようなニーズに対して」「どのようなベネフィット」を提供するのか
2.商品政策・・・商品特長とソリューションポイント
3.価格政策・・・価格帯の検討と非価格コストの削減ポイント
4.販売促進政策・・・媒体戦略、訴求ポイントと顧客との双方向のコミュニケーション
5.流通政策・・・チャネルへの動機付けと顧客利便性
6.コンセプトの受容性の検討・・・検証方法としてのマーケティングリサーチの検討

6.アクションプランニング(実習グループワーク&全体討議)

1.PDCAサイクルの検討(テストマーケティングのタイミングとポイント)・・・マーケティングコンセプトを実現化するための具体的ステップ
2.全体計画の立案(売上目標、利益目標)
3.マーケティング目標の設定(売上目標、利益目標)
4.先行指標の設定(認知率・購入意向率・購入経験率・リピート率)
5.投資金額の検討
6.具体的な進め方、責任者の設定




マーケティングの企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズ、業界・業態を的確に把握、リサーチし、最適な方法、解決案をご提案します。
個別研修だけでなく、マーケティングリサーチ、診断・分析、プランニングに至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング