基礎マーケティング研修

マーケティングの概念はマーケティング部だけが有していれば良いということではありません。景気後退期における事業活動において顧客視点、顧客理解は全部門に共通して浸透させたい考え方です。

適正対象者
  • 新入社員、若手などの社会人教育の一環として
  • 営業部門などマーケティングの知識がない部門
  • マーケティング関連部門への配転者
得られる効果、習得できるスキル・知識
  • マーケティングマインドの醸成
  • マーケティングの基本概念
  • 主要なフレームワークの理解
C-2
本プログラムは一例となります。貴社の課題、ご要望をお聞きした上で、業種・業態に合わせ、もっとも実効性のあるプログラムにカスタマイズしたします。

研修概要(一例)

1.マーケティングの基本的な考え方

・お客様は皆神様ではない・・・
・マーケティング=顧客を中心に据えた活動の一連のプロセス
・CSを考える前に期待値を知ろう
・顧客と自社を知り、競合を知る・・・3C分析
・マーケティングのプロセスを学ぶ
  (CASE)スマートフォンの3Cを考える

2.マーケティング活動の実際

・マーケティングミックス
・何を提供するか・・・商品政策
・いくらで提供するか・・・価格政策
・どのように表現するか・・・販売促進
・どんなチャネルを活用するか・・・流通政策
  (CASE)家電製品のマーケティングミックスを考える
・購買意識プロセスからマーケティング上の課題を把握する
 (認知→理解→魅力→購入→満足)
 「認知は高いのに魅力に感じてもらえない」「魅力に感じているのに購入しない」といった課題を
  具体的に把握し、解決策を探る

3.市場セグメンテーションとターゲット設定

・全ての顧客を対象とするのは困難なので・・・
・市場を分割する(グルーピング)と考え方を整理しやすい
・セグメントの中から最も注力すべきターゲットを設定する
  (CASE)アルコール市場をセグメンテーションする

4.競合優位の確立

・自社の強みを探る
・ポジショニングは顧客の頭の中で、優位に自社を位置づけさせること
・マインドシェアと実売シェア
  (CASE)清涼飲料水をポジショニングしてみると

5.マーケティングコンセプトの作成

・アイデアをコンセプトに昇華させる
・ポイントはベネフィットをいかに開発するか
・競合優位となり得る企画を4P、4Cに落とし込んで考える




マーケティングの企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズ、業界・業態を的確に把握、リサーチし、最適な方法、解決案をご提案します。
個別研修だけでなく、マーケティングリサーチ、診断・分析、プランニングに至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング