プレゼンテーション研修

本研修ではプレゼンテーション力の強化を講義のみならず、実習・エクセサイズをふんだんに取り入れ、理解するレベルから考え、実践できるレベルに能力をアップさせます。様々なプレゼンテーションの場面に応じて内容をカスタマイズすることが可能です。

適正対象者
  • 会議などで自分の考えやプランを発表される機会の多い方
  • 社内のみならず、外部に対してオリエンテーションや説明会等の発表をされる方
  • 自部門及び他部門を説得する場面の多い方
得られる効果、習得できるスキル・知識
  • 人前で話す基本スタンス・スキルが習得できます。
  • 説得力あるプレゼンテーション構成を考える力が付きます。
  • ボディーランゲージも含めた臨場感のあるプレゼンテーション力が身に付きます。
G-2
本プログラムは一例となります。貴社の課題、ご要望をお聞きした上で、業種・業態に合わせ、もっとも実効性のあるプログラムにカスタマイズしたします。

研修の流れ: 第1日目

1.スライドの発表演習

【イントロダクション】
1.グループ内発表
(※グループ(3人一組)内で発表 3分/1人)
2.代表者発表
(※代表者3名が全員の前で発表 ※ビデオ撮影・再生)
3.講師コメント(ポイント概論)

2.説得力のある構成をつくる 【講義・演習】

1.プレゼンテーションとはどうあるべきか
2.聞き手のベネフィットに訴求する
3.リーズニング(理由づけ)の基本〜PRE
4.説得話法
5.ピラミッド構成で提案の説得力を高める
   〜 主張を支える3つの理由(必要性・有効性・実現性)
【演習】エグゼクティブ・サマリーからピラミッド構造をつくる

3.プレゼンテーションの原則 【講義・TR.演習】

1.プレゼンテーションの目的
   〜 相手を動機づけて、意思決定を促す
2.人前での話し方の8つのチェックポイント 【TR.】
○ トレーニング・サイクル

研修の流れ :第2日目

3.営業プレゼンテーションの原則 【講義・TR.演習】

3.ボディランゲージで熱意・誠意を伝える 【TR.】
4.スライドショーのテクニック 【TR.】
5.ペーパーとの併用〜相手の視線を誘導するテクニック
○ トレーニング・サイクル

4.スライドの発表演習A 【リハーサル演習】

○ パートナー、グループ内発表
○ 相互コメントとスキルチェック

5.スライドの発表演習B 【総演習】

○ 全員発表
   ※受講者全員が全員の前で発表
   ※ビデオ撮影・再生
○ 相互コメント
○ 講師コメント




人材育成・組織力強化の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズ、業界・業態を的確に把握、リサーチし、最適な方法、解決案をご提案します。
個別研修だけでなく、マーケティングリサーチ、診断・分析、プランニングに至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング