キャリアデザイン研修

本研修では、キャリア開発の意義と重要性を理解して頂き、今後の職業人生を有意義に生きていくためのきっかけづくりを支援します。

適正対象者
  • 若手〜中堅(30代半ば)のビジネスパーソン
  • 自己のキャリアを見つめ直し、今後のビジネスプランを明確に描きたい方
得られる効果、習得できるスキル・知識
  • 進行キャリア開発に活かせる理論や先人の知恵を紹介しながら、正しい認識を醸成します
  • 自身の過去の振り返りと棚卸しの方法、これからのキャリアプランづくりのセオリーと様々なハードルを乗り越えていくためのヒントを提供します
G-13
本プログラムは一例となります。貴社の課題、ご要望をお聞きした上で、業種・業態に合わせ、もっとも実効性のあるプログラムにカスタマイズしたします。

研修の流れ

オリエンテーション 〜 アイスブレイク

Gr学習 : 事前課題の「わたしの職務経歴」の紹介※守秘義務の重要性

1.キャリアデザインとは

1.キャリア開発が求められる背景
2.「ワークとジョブ」、「内的キャリア」の概念
3.キャリア開発のための参考理論
4.キャリアプランニングの基本プロセス

2.事例で知るプロフェッショナルアイデンティティの形成

1.自己確信のためのメカニズム (E・シェインの理論「キャリア・アンカー」)
2.プロの人材のケースで理解 (「使命感」と「自己実現」のドッキング)
3.自分の真のコーチ、メンターを探すこととは…

3.自分のキャリアの棚卸しとプランニング《ワークとGr発表》

1.自分の喜び・やり甲斐の源泉を探る
2.自分の強みを客観的に理解する
3.10年後の将来的イメージ
4.今、無性に挑戦したいこと 〜「楽しさ」の本質的な理解〜
※ワークでのローカルルールを提供(“聴き合い”の重要性を正しく認識)

4.まとめ ─自分の人生を築くのは、自分以外の誰でもない─

1.意欲の源泉を意識する
2.内省を通じて、路頭に迷ってしまったら…
3.自己一致の状態とは… 〜本当(ジェニュイン)の自分のために〜
4.今後の学習のヒント




人材育成・組織力強化の企業研修・リサーチ&コンサルティング

マーケティング研究協会は、お客様ごとに異なる課題点、ニーズ、業界・業態を的確に把握、リサーチし、最適な方法、解決案をご提案します。
個別研修だけでなく、マーケティングリサーチ、診断・分析、プランニングに至るまで課題解決の全てを、責任を持ってご支援いたします。

リサーチ・研修・コンサルティング