価値の高い商品を生み出す

食品メーカー対象
新商品開発プロセス総点検

マーケティング

LIVE WEBセミナー開催
本セミナーはLIVE型のオンラインセミナーです。 集合型研修ではなく、ご自宅やオフィスからPC等でご受講頂くことが可能です。


PBの増加や生活者ニーズが大きく変化する中でこれまでの商品開発プロセスは有効に機能しているのか。 商品開発プロセスをどの様に見直せばいいのか。実務経験が豊富な講師がわかりやすく解説します。

【対象】
 商品開発担当者
 商品企画・マーケティング担当者

講師紹介

講師紹介

角 直樹講師

講師 角 直樹
所属 食品商品開発・経営コンサルタント
ハッピーフードデザイン株式会社 代表取締役
略歴 1982年千葉大園芸学部卒。明治製菓(株)(現(株)明治)で食料開発研究所、菓子商品企画部、ベルギーブラッセル事務所、スイーツ事業推進部、業務商品開発部などに所属。一貫して菓子・食品の商品開発に従事。市販の菓子事業、デパ地下等専門店事業、業務用原料事業など幅広い業態での、新商品開発および新規事業開発に携わる。2020年2月商品開発・マーケティング、経営を中心としたコンサルティング事業を開始。菓子、調味料、中食、飲料、卸売業、外食、農業等幅広い食品事業をサポートする。
中小企業診断士、経営学修士(MBA)、野菜ソムリエ、HACCP管理者、 中小企業支援アドバイザー(中小機構)、食の6次産業化プロデューサー Lv3。 
著書:おいしさの見える化 風味を伝えるマーケティング力(幸書房)
共著:一般衛生管理による食品安全マネジメント(幸書房

セミナー概要

1.コロナ後を見据えた商品開発のあり方

 1)既に起こっている変化を捉える
 2)人々の生活や価値観の変化への対応
    例)おうち◯◯は今後も続くのか
 3)食品業界や社会環境の変化への対応 
    例)ますます強くなる食品ロスへの目

2.商品価値を高めるコンセプト開発

 1)自社のリソースにこだわり差別化を生み出す
 2)食品の価値構造を理解して商品価値を積み上げる
    機能価値、情緒価値、共感価値、自己実現価値
 3)商品価値の基本原則を理解する

3.商品をブラッシュアップする仮説検証型開発プロセス

 1)なぜ商品開発プロセスが大事なのか
 2)商品開発プロセスとはトリプルループを回すこと
 3)ニーズを捉え新しいアイデアを発想する創造化プロセス
 4)仕様・品質、物流・販売、ROIを設計する商品化プロセス
 5)最も大事な上梓後の仮説検証を行う事業化プロセス
 6)プロセスを機能させるための調査設計の考え方
 7)最大の関門、社内決済はどう通せばいいのか

4.お客さまの半歩先を行くには

 1)開発担当者として持つべき視点
 2)生活者行動から「なぜ」を生み出すフィールドワーク
 3)「仮説⇒情報⇒仮説の再構築」で考える

WEBセミナーご受講にあたって

留意事項

●本セミナーはZoom社ミーティングを利用して開催いたします。
 PC、タブレットなどから閲覧いただけます。
 セミナー中、参加者のの映像や音声が他の参加者・講師、事務局に
 共有される場合がございますのでご了承の上ご参加ください。


●お申込み後、ご登録頂いたメールアドレス宛に受講について詳細をご案内させて頂きます。

お申込みに際して、お申込みフォーム備考欄に追加で下記の内容をご記入ください

郵送でお送りするため、テレワークの方はご自宅等受け取れるご住所と電話番号をご記入ください。
 
1)テキスト送付先
 お手数ですが、下記のどちらかをご記入頂き、ご自宅の方は郵送先をご記入ください。

 ・お会社
 ・ご自宅

 
  
2)セミナー当日にご連絡が取れるお携帯番号


開催日時 2021年10月21日(木)13:00~17:00
会場 ★ZOOM社ミーティングを使用したWEBセミナーです
受講料 1名様 38,500円(税込)
セミナーNo. 0617007

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top