【追加開催】小売の本質から販売戦略を再考する!
実店舗の売場活性化

~これからの売場機能 と 戦略的VMDの考え方~

営業力強化(店舗・売場)

LIVE WEBセミナー開催
本セミナーはLIVE型のオンラインセミナーです。
集合型ではなく、ご自宅やオフィスからPC等でご受講頂くことが可能です。


ご好評につき追加開催が決定しました!


新型コロナウィルスの感染拡大から、はや1年が経過しようとしています。この間の消費環境はというと、小中高校の臨時休校、緊急事態宣言、リモートワークの推進などにより、在宅時間が増えることによる巣ごもり消費の増加により、食品・日用雑貨、家電製品などの生活必需品や、おうち時間を楽しむ趣味嗜好品は、思いもよらぬ需要の高まりがありました。しかし、人との接触やTPOの減少により、付加価値性を提案する商品群や専門業態の多くはECサイトへのシフトもあり大幅な客数減に苦しんでいます。この1年間の店舗の状況を振り返ると、コロナウィルス対策、業務効率化やコスト削減に追われるばかりで、売場に目が行き届かず、お客様のための魅力的な売場づくりに向けた取組が停滞していたのではないでしょうか?コロナウィルスとの闘いに出口が見えない中、イマ売場を活性化させていかなければ、売場での需要創造はできずに、リアル店舗の存在価値が本当に失われてしまうのではないでしょうか?

本セミナーでは、どのように「売場でお客様に気づきを与えるか?」をテーマに、お客様を獲得し、売上を高めるための正しいVMDの施策と運用について解説いたします。また、この状況下においても、客数・売上を伸ばしている好業績店舗の事例を読み解き、コロナ禍そしてアフターコロナも見据えて、「いま売場でやるべきこと」を紹介いたします。


前回ご参加頂いた方の声(2021年3月開催)

市場環境や顧客の変化を知った上で店舗や売場、VMDのこれからを学ぶことができとても分かりやすかった。横文字や専門用語を極力使わずに解説していただけたので、理解しやすかった。(化粧品メーカー)

上流から下流まで広範囲であったが、時流に合った内容でヒントが見つかった。具体的な手法も教えてもらえたので、実務でもスグに活かせそう。陥りやすい過ちは「ある」と感じたので気を付けたい。本部から店舗まで全員でこの内容の研修を受けるべきだと感じました。(雑貨専門店)

これまでにもいくつものVMDセミナーに参加してきたが、結局、ディスプレイの話が多く腹落ちしなかった。深澤講師は、モノを売るための手法として紐解いて解説していただけたので、VMDに対する考え方が変わりました。(商業施設運営会社)

これまでVMDは当社の業界にはマッチしないのではと考えることもあった。セルフ、セミセルフ、カウンセリングなど、販売方法による考 え方を整理して解説していただけたので納得できた。(食品メーカー)

これからの店舗・売場の役割を見直す良い下敷きになりました。メーカーとしてどのような考えを持って販売店を支援していくべきか? までアドバイスをいただき、勉強になりました。(電子機械メーカー)

講師紹介

講師紹介

深澤 智浩講師

講師名 深澤 智浩
所属 深澤企画コンサルティングオフィス 代表
マーケティング研究協会 顧問
略歴 大手ファッションブランドでのショップマネージャー、VMDマネージャーの経験を経て、国内外の様々な業種・業態の販売戦略・店舗デザインを研究・修学し、深澤企画コンサルティングオフィスを設立。店舗づくり、売場づくり全般の造詣が深く、ファッション業界で生まれたVMDのメソッドを異業種に展開する第一人者として活躍中。小売業の新業態開発、売場運営、人材育成などに加え、メーカーの店頭プロモーション、什器制作、ショールームやフラッグシップショップ開発などのコンサルティング、販売店への指導などの依頼も多い。



セミナー概要

1、売場に求められる役割・機能を再確認する

 ・コロナ禍での購買行動の変化と利用店舗の移行
 ・店舗運営に与えた影響と売場運営の現状
 ・店舗のショールーム化の進展と小売の本質の迷走
 ・店舗、売場の役割・機能を再考する
 ・事例で見る!「変わらない売場」「気づきのない売場」「つまらない売場」
 ・買い物時点におけるストアロイヤリティの重要性とVMDの影響力
 ・お客様が求めている情報とは?いま求められている提案型の売場とは

2、マーチャンダイジングのビジュアル化とは?戦略的VMDの考え方

 ・VMDって演出・飾りつけでしょ?日本におけるVMDの誤った解釈とディスプレイとの違い
 ・モノの同質化から抜け出すための売場差別化としてVMD
 ・お客様の購買行動とVMDの構成要素、フレームワーク
 ・商品を購買につなげるためのストーリーとしての販売戦略
 ・4つの提案手法から考える、店頭での価値の編集
 ・衝動買いを生み出すVMDと再来店を促すVMD 
 ・VMD戦略を考える上で重要なマーケティング理論

3、現場力を高め、売場の提案力を高める!VMDの企画と運営

 ・コロナ禍で求められている売場活性化とは?
 ・店舗環境・売場管理・人員体制・販売スタイルから売り方を考える
 ・売場の実現度を左右する指示書の質と店舗での解釈
 ・個店の特性を活かす!VMD体制の構築と店舗スタッフへの教育・啓蒙
 ・VMDのKPIは何?売場のメディア化とオンラインとの連携
 ・デジタル時代おけるのVMDのPDCAを整理する
 ・アフターコロナを見据えたVMDと売場運営のあるべき姿と

WEBセミナーご受講にあたって

留意事項

●本セミナーはZoom社ウェビナーを利用して開催いたします。
 (開催に際し、アプリケーションはセキュリティアップ済のものを使用いたします。)

●お申込み後、ご登録頂いたメールアドレス宛に受講について詳細をご案内させて頂きます。

●テキストはご入力いただく住所に宅配便にてお届けいたします。

お申込みに際して、お申込みフォーム備考欄に追加で下記の内容をご記入ください

1)テキスト送付先
 郵送でお送りするため、お受け取りが可能な発送先を選び、ご記入ください。


 ・お会社
 ・ご自宅  →ご自宅の方は郵送先をご記入ください。

  
2)セミナー当日にご連絡が取れるお携帯番号


開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 ★ZOOM社ウェビナーを使用したWEBセミナーです
受講料 お一人様 38,500円(税込)
セミナーNo. 0717013

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top