食品メーカー対象 お客様に選ばれる
価値の高い商品のつくり方

おいしさ、健康、利便性をどうやって高めるか

マーケティング

LIVE WEBセミナー開催
本セミナーはLIVE型のオンラインセミナーです。 集合型研修ではなく、ご自宅やオフィスからPC等でご受講頂くことが可能です。


【対象】
 ・商品開発担当者
 ・商品企画・マーケティング担当者

講師紹介

講師紹介

角 直樹講師

講師 角 直樹
所属 食品商品開発・経営コンサルタント
ハッピーフードデザイン株式会社 代表取締役
略歴 1982年千葉大園芸学部卒。明治製菓㈱(現㈱明治)で食料開発研究所、菓子商品企画部、ベルギーブラッセル事務所、スイーツ事業推進部、業務商品開発部などに所属。一貫して菓子・食品の商品開発に従事。市販の菓子事業、デパ地下等専門店事業、業務用原料事業など幅広い業態での、新商品開発および新規事業開発に携わる。2020年2月独立。商品開発・マーケティング、経営を中心とした顧問、コンサルティング業務に従事。菓子以外にも調味料、中食、飲料、外食等幅広い食品事業をサポートする。
中小企業診断士、経営学修士(MBA)、野菜ソムリエ、HACCP管理者、 中小企業支援アドバイザー(中小機構)、食の6次産業化プロデューサー Lv3。 
著書:おいしさの見える化 風味を伝えるマーケティング力(幸書房)
共著:一般衛生管理による食品安全マネジメント(幸書房

セミナー概要

1.食品の商品開発における「価値」とは

1)レッドオーシャンにおいて高い価値で成功した事例
2)最近のヒット商品に見る価値の高め方の特徴
3)食品の価値は、おいしさ!健康!利便性!で考える
4)お客さまが感じる価値は相対的
  何に対して価値を感じるのか?
5)お客さまの記憶にある「おいしさ」との差別化を図る

2.商品価値ミックスで価値の高いコンセプトをつくる

1)食品の価値構造を商品価値ミックスで分解する
  機能価値、情緒価値、共感価値、自己実現価値
2)コンセプトづくりは差別化づくり
3)新しい価値を生み出すアプローチの考え方
4)商品価値ミックスの評価方法

3.高い価値を生み出す仮説検証型商品開発プロセス

1)商品化プロセスをロジカルにすすめるには?
2)火のない所に煙は立つか?消費者調査の使い方
3)商品を発売した後が商品開発の本番

4.お客さまに支持される価値の伝え方

1)おいしさを伝えるマーケティングのポイント
2)おいしさの見える化に必要なコミュニケーション
3)意志のある商品開発を目指して

WEBセミナーご受講にあたって

留意事項

●本セミナーはZoom社ウェビナーを利用して開催いたします。
 PC、タブレットなどから閲覧いただけます。
 (開催に際し、アプリケーションはセキュリティアップ済のものを使用いたします。)


●お申込み後、ご登録頂いたメールアドレス宛に受講について詳細をご案内させて頂きます。


●セミナー中は、受講される方の映像や音声は、各参加者・講演者・事務局には共有されません。
 質疑応答の方法はセミナー内でご案内させていただきます。


お申込みに際して、お申込みフォーム備考欄に追加で下記の内容をご記入ください

郵送でお送りするため、テレワークの方はご自宅等受け取れるご住所と電話番号をご記入ください。
 
1)テキスト送付先
 お手数ですが、下記のどちらかをご記入頂き、ご自宅の方は郵送先をご記入ください。

 ・お会社
 ・ご自宅

 
  
2)セミナー当日にご連絡が取れるお携帯番号


開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 ★ZOOM社ウェビナーを使用したWEBセミナーです
受講料 1名様 39,600円(税込)
セミナーNo. 0617002

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top