CVSチェーンマーチャンダイザー(バイヤー)業務徹底理解

マーケティング

営業力強化(消費財)

LIVE WEBセミナー開催
本セミナーはLIVE型のオンラインセミナーです。 集合型研修ではなく、ご自宅やオフィスからPC等でご受講頂くことが可能です。


商談では見えない、業務の裏側までを正しく理解し提案や取組のヒントを探ります!
CVSマーチャンダイザーは、カテゴリーの方針や戦略をどのように考えているの?
社内的な位置づけって?持っている権限は?メーカー提案はどうやって現場におちているの?
商談前後って何を考えているの?ベンダー・メーカーに期待しているものは何?

知っているようで知らないCVSマーチャンダイザーの役割と業務をわかりやすく解説します。


このようなニーズをお持ちのメーカー・卸のCVSご担当者、スタッフの方におススメです!
・CVSに新しく担当になった
・実は商品本部の事をわかっていない
・今さら聞けない業務内容を再確認したい
・CVSとの取組を強化したい



講師紹介

講師紹介

講師名 本多 利範
所属 株式会社本多コンサルティング 代表取締役社長
略歴 大和証券を経て、1977年セブン・イレブン・ジャパン入社。同社の最年少取締役に就任後、日本のコンビニエンスストアの基盤整備に貢献。 1998年に渡韓し、ロッテグループ専務取締役として韓国セブン-イレブンを再建。帰国後、エーエム・ピーエム・ジャパン代表取締役社長などを経て、2010年よりファミ リーマートにて常務執行役員として新規事業を担当。 2015年より取締役専務執行役員・商品本部長として、中食の改革を中心とした商品の全面改革に取り組む。 2017年に取締役専務執行役員・社長補佐就任。2018年、株式会社本多コンサルティングを設立。著書に『売れる化』『おにぎりの本多さん』(プレジデント社)がある。

セミナー概要

1.CVSチェーン商品本部について詳しくなろう

1)商品本部の組織と位置づけ、階層と役割と機能
2)マーチャンダイジングの考え方と組み立て方

2. マーチャンダイザーの 情報収集と整理の具体策

1)どんなマーケット情報を収集し、どんな分析をしているの?
2)メーカー情報をどう解釈し、活用しているの?
3)収集した情報をどのように整理し共有しているの?

3. マーチャンダイザーの 商品政策と計画立案プロセス

1)商品政策を立案するまでのプロセス
2)販売促進策の立案と計画への落としこみ方

4.マーチャンダイザーの商品選定と開発、供給するまで

1)定番商品と選択商品をどのように組み合わせているの?
2)利益も損失も単品から発生する単品管理と死筋のカット
3)良い商品を作り、売れる商品にする開発コンセプト
4)商品を安定供給することへの責任

5.発注を生み出すマーチャンダイザーの情報発信力

1)経験情報と先行情報を組み合わせて仮説を構築する
2)仕入れ情報を販売情報へ転換し発信する
3)加盟店は最初のお客様!
4)発注に導く情報発信のチカラ

6.CVSを支えるマーチャンダイザーの検証サイクルと仮説力

1)現状分析は売場から!
2)前回施策の検証
  なぜ売れた?なぜ売れなかった?
3)新しい情報を取り入れて仮説の立案を行う
  マーケット情報、話題の商品、メーカー提案の新商品
4)重要性が増すテスト販売での仮説検証
5)カテゴリーの魅力度を高める売場づくり

7.CVSチェーンが担当者に求めている現場交渉力とスキルとは  

WEBセミナーご受講にあたって

留意事項

●本セミナーはZoom社ミーティングを利用して開催いたします。
 PC、タブレットなどから閲覧いただけます。
 カメラONでのご参加にご協力をお願いいたします。
 映像・音声が共有されますので、ご了承の上ご参加ください
 (開催に際し、アプリケーションはセキュリティアップ済のものを使用いたします。)

●お申込み後、ご登録頂いたメールアドレス宛に受講について詳細をご案内させて頂きます。

●テキストはご入力いただく住所に宅配便にてお届けいたします。

お申込みに際して、お申込みフォーム備考欄に追加で下記の内容をご記入ください

1)テキスト送付先
 郵送でお送りするため、お受け取りが可能な発送先を選び、ご記入ください。


 ・お会社
 ・ご自宅  →ご自宅の方は郵送先をご記入ください。

  
2)セミナー当日にご連絡が取れるお携帯番号


開催日時 2021年3月22日13:30~16:30
会場 ★ZOOM社ミーティングを使用したWEBセミナーです
受講料 1名様 35,000円(税込)
セミナーNo. 2103221

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top