21年春夏の販促提案を考える

~コロナ時代のスーパーマーケットでの新しい販促~

マーケティング

営業力強化(消費財)

LIVE WEBセミナー開催
本セミナーはLIVE型のオンラインセミナーです。
集合型ではなく、ご自宅やオフィスからPC等でご受講頂くことが可能です。


【対象】
 メーカー・卸の営業スタッフ
 販促企画担当者
 チェーン本部担当者など 


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師 谷口 典子
所属 株式会社はじまりビジネスパートナーズ 取締役
略歴 2020年よりコンサルタントとして独立。前職の食品会社では、量販営業・販促企画、広域流通業のマーチャンダイジング支援を担当。大手コンビニエンスストアとはID-POSを活用した販促を実施した。 現在は、株式会社はじまりビジネスパートナーズ取締役として、食品事業者を中心に、営業やマーケティング、財務支援などを行っている。 中小企業診断士。シニアソムリエ。

講師紹介

ゲスト 池藤 夕貴
所属 株式会社ロコガイド カスタマーサクセス部 部長
略歴 大学卒業後、キユーピー株式会社に入社。大手CVS業態を担当。大学で取得した管理栄養士の資格を活かし、トレンドとターゲットを意識したメニュー提案営業を数多く実施。 その後、KEWPIE MALAYSIAにて日系企業への営業・マーケティング(プロモーション・商品開発)に従事。 帰国後、マーケティングをする上で感じた自身のデジタルリテラシーへの課題感や成長分野への興味から株式会社ロコガイドへ転職。ロコガイドが提供するトクバイサービスを活用してクライアントの成功を導くことをミッションにユーザー行動を引き出す販促の支援を行うカスタマーサクセス部の責任者を務める。

セミナー概要

1.コロナ以前のトレンドを整理する

 1)スーパーマーケットの戦略は
   出店の減少と惣菜売場の強化
 2)コロナ以前のメーカーの提案の傾向
   チラシ販促の枠の確保

2.withコロナ時代の購買動向と対応

 1)コロナで何が変わったのか
   消費者意識・利用実態はどう変わったのか
 2)スーパーマーケットはどの様に対応したか
   変化に対応できない52週販促の限界
 3)イベント消費の盛り上がりと対応

【ゲスト講演】3.トクバイデータから見る販促の変化

 1)チラシ販促のイマ
 2)若年層主婦の買物認識は?
 3)トクバイデータ分析で見えてきた若年層主婦の 
   興味関心事を販促に生かすには
 4)トクバイを活用したプロモーション

4.21年春夏販促提案を考える

 1)withコロナ時代に対応すべきポイント
 2)21年春夏の販売促進切り口
   52週販促をどう変化させるか
   イベント販促、目的買い対応

WEBセミナーご受講にあたって

留意事項

●本セミナーはZoom社ミーティングを利用して開催いたします。
 PC、タブレットなどから閲覧いただけます。
 (開催に際し、アプリケーションはセキュリティアップ済のものを使用いたします。)

●お申込み後、ご登録頂いたメールアドレス宛に受講について詳細をご案内させて頂きます。

●テキストはご入力いただく住所に宅配便にてお届けいたします。

お申込みに際して、お申込みフォーム備考欄に追加で下記の内容をご記入ください

1)テキスト送付先
 郵送でお送りするため、お受け取りが可能な発送先を選び、ご記入ください。


 ・お会社
 ・ご自宅  →ご自宅の方は郵送先をご記入ください。

  
2)セミナー当日にご連絡が取れるお携帯番号


開催日時 2020年11月25日(水)13:30~17:00
会場 ★ZOOM社ミーティングを使用したWEBセミナーです
受講料 1名様 38,500円(税込)
セミナーNo. 2011251_07

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top