テレワークでのメールや電話、資料の作成に活用する

「伝わる」論理思考基礎 セミナー【WEBセミナー】

人材育成

LIVE WEBセミナー開催

本セミナーはLIVE型のオンラインセミナーです。
集合型ではなく、ご自宅やオフィスからPC等でご受講頂くことが可能です。




メールやWeb会議などで「伝えたいことを伝え切る」 必須スキル



■このような方にお勧めです
 ・ZoomなどWeb会議の時間内に伝え切りたい
 ・電話やメールで、もっと短時間に効果的に伝えたい!
 ・相手の考えを整理して、論点を明確にしたい!!


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 松浦 剛志
所属 株式会社 プロセス・ラボ
有限会社 ウィルミッツ代表取締役
略歴 京都大学経済学部卒。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)審査部にて企業再建を担当。その後、グロービス(MBA教育、ベンチャー・キャピタル)にてグループ全体の統括業務、アントレピア(投資ファンド)にて投資先子会社の社外取締役などを歴任する。
2002年、戦略、人事、会計をトータル的に支援するコンサルティングファーム、ウィルミッツを創業。2006年、業務改善コンサルティングをウィルミッツから分社化し、プロセス・ラボを創業。現在は2社の代表取締役を務める傍ら、研修講師としてビジネスパーソンのスキル向上を支援している。



セミナー概要

はじめに

テレワーク時代に論理的思考術が必要な理由「効果」と「効率」を向上させるために

1.筋道を通すためのピラミッド構造とは

  ●論理的=道筋が通っていること
    正しく、効率的に伝えるために道筋を通す方法
  ●道筋:「主張⇔理由」や「全体⇔部分」などの二つの関係
  ●1対Nの関係を上下に組み立てて三角形にする

2.「主張⇔理由」を強化する思考スキル

  ●モノゴトの共通ルールを見出す「帰納法」
  ●共通ルールを活用する「演繹法」
ケース:メールでいきなり業務の依頼が来た
        『営業マンの言いたいことを整理すると…?』

3.「全体⇒部分」へと考える際のミーシー(MECE)

  ●MECEとは「モレ・ダブりのない状態」
   ミーシーで整理するプロセスとポイント
  ●物事を「モレ・ダブりのない」要素に分解することで仕事の品質をあげる
    ケース:Web会議の場で、金額や付帯条件などを説明する『○○料金体系について』

4.「部分⇒全体」へとまとめる際のグループラベリング

  ●人間の脳みその限界にあわせて伝える術
  ●同じタイプのものをまとめる
   ケース:ホウレンソウの実践 『今日の業務報告』

WEBセミナーご受講にあたって

留意事項

●本セミナーはZoom社ウェビナーを利用して開催いたします。
 PC、タブレットなどから閲覧いただけます。
 (開催に際し、アプリケーションはセキュリティアップ済のものを使用いたします。)

●お申込み後、ご登録頂いたメールアドレス宛に受講について詳細をご案内させて頂きます。

●セミナー中は、受講される方の映像は、各参加者・講演者・事務局には共有されません。
 質疑応答の方法はセミナー内でご案内させていただきます。


お申込みに際して、お申込みフォーム備考欄に追加で下記の内容をご記入ください

1)テキスト送付先
 郵送でお送りするため、お受け取りが可能な発送先を選び、ご記入ください。


 ・お会社
 ・ご自宅  →ご自宅の方は郵送先をご記入ください。

  
2)セミナー当日にご連絡が取れるお携帯番号


開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 ★ZOOM社ウェビナーを使用したWEBセミナーです
受講料 1名様 33,000円(税込)
セミナーNo. 2007291

参加規約をお読みになり了承の上、お申込みください。


本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top