食のトレンドから読み解くメニュー提案の新発想

2020年の食のトレンドを提案に活用する!

マーケティング

営業力強化(消費財)

軽減税率がある中でも、消費増税の影響がじわじわと広がっています。
オリンピック後の心理的・物理的消費力低下に備え、市場を俯瞰で捉えた分析から、小売業、外食産業への提案が必要になります。


【2020年 食のトレンド】
見える化 / フードバリアフリー / 辛×甘 / eスポーツ消費
フレイス対策 / 進化系ノンアル / 香楽食品 / D2C  ほか多数紹介!


講師紹介

講師紹介

講師名 山下 智子
所属 株式会社ひめこカンパニー 代表取締役
女子栄養大学客員教授
略歴 1988年、食業界のシンクタンク『株式会社ひめこカンパニー』設立 代表取締役に就任
・加工食品・飲料等コンシューマ商品や業務用商品の開発、販促企画、営業支援指導
・コンビニの惣菜・弁当開発、惣菜店のプロデュースなど、中食の業態開発、メニュー開発
・ファミリーレストランや居酒屋、ファストフードの新業態の開発、メニュー開発、商品開発
・スーパーマーケットの戦略作り、売り場開発、商品開発、販売促進企画など
食品業界・流通業界全般に幅広く活動。外食、中食、内食、すべてを網羅する広い
ビジネス範囲は業界屈指。食業界の今が分かる「食のトレンド情報」を毎週配信。毎年、食市場のトレンドキーワードをまとめた相関図を公表、講演を行っている。

セミナー概要

1.最新版!! 「2020年 食市場のトレンド」

「プラントベースフード」 「ASMR」 「ボタニカル」 「時産家電」
「香楽食品」 「日常非常食」 「フレイル対策」 「進化系料理キット」
「D2C」 「フードバリアフリー」   など30以上の最新キーワード!!
 
~生活者の気持ちの変化・ニーズを交えながら、トレンドとその相関関係を含めて解説いたします

2.トレンドキーワードを活用する、「メニュー提案」、「販促提案」、「52週MD提案」のヒント
~生活者の気持ちやニーズに合わせ、いかに提案するか~

  ・ミレニアル世代以下にはエシカルな発想で
  ・ヤングシニアに向けては心身のギャップを埋める提案を
  ・先行き不安で強まる家族回帰。同一食材で個食対応 
  ・財布の紐が固くなる生活者には買いやすさを提供
  ・時短ではなく「時産」を~販促の表現を間違えないために 
  ・外食に求められるエンタメ性を家庭の食にも         など

3.自分でトレンドを把握し、生かす手法

  ・気になる情報を定点観測し、流れを掴む
  ・情報から生活者の気持ちを汲み取る
  ・生活者の気持ちからニーズを探る

開催日時 2020年5月25日(月) 13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 42,000 円 (税込) テキスト代、飲料代を含みます
セミナーNo. 0713138

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top