営業担当者が知っておくべき

POSデータ分析の基本

初めてのPOSデータ分析3ステップ

マーケティング

営業力強化(消費財)

得意先にPOSデータの提供をお願いしたいけど、分析の仕方がわからないから躊躇してしまう。小さな得意先を担当しているので自分でデータを分析しなければいけないけど、どうしたらいいかわからない。というお悩みを解決するのが本セミナーです。
今回はこのようなお悩みを解決するために、3つのステップをご用意しました。
このステップに沿ってPOSデータの分析を進めていけば、得意先との商談時に商談をリード出来るような内容になっています。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 鈴木 聖一
所属 株式会社IDプラスアイ
代表取締役社長
略歴 1988年、慶應義塾大学商学部卒業。村田ゼミでマーケティングを学ぶ。 同年、(株)船井総合研究所入社。食品スーパーの活性化に幅広く取組み、 1992年、PI値に基づくマーチャンダイジングの強化方法を確立。1998年、(有)PI研究所を設立。近年は、POSからID付POS、ビッグデータへの発展とともに、2013年、(株)IDプラスアイを設立。ここ最近では、AIの研究開発にも取り組み、その成果を活かしたマーチャンダイジングのみならず、顧客IDに基づくマーケティング戦略を提唱している。

セミナー概要

Step1 自社商品の売れ行きを把握する

① 基本は、何店舗でいくつ、いくらで売れたか
② 配荷店舗数の把握の仕方
③ 店舗あたり販売個数を把握する
  店舗間の客数要素を取り除くPI値を理解する
④ 異常値を発見しよう
⑤ カットを避けるには早めにチェック!
 ABC分析とパレートの法則
⑥ 配荷店舗数をの増やし方
 商品差し替え提案、モジュールの優先順位の変更依頼

Step2 販売促進の効果を把握する

① 自社商品の客数を増やす販促と客単価を増やす販促の違い
② 得意先の販売促進手法を把握しよう
③ 自社商品の販促に影響を与える要因を確認しよう
 ・ 価格弾力性:価格と販売の関係を把握し、在庫の最適化を図ろう
 ・ チラシとポイントの効果を図り、最適な販促を実施しよう
 ・ 粗利との関係を相乗積で把握し、最適利益を確保しよう
 ・ 天候、気温などの要因を把握し、販促の最適タイミングをつかもう

Step3 もう1アイテムの増やし方

① 容量の異なるアイテムを追加する
 容量の違いは新たなユーザーを開拓する
② プレミアムアイテムを追加する
 高価格・高品質は得意先利益にも貢献する
③ フレーバーの異なるアイテムを追加する
 フレーバーの多様化はリピートを拡大する
④ 1+1=3となる1品の追加、ここがポイント!
 テストマーケティングを実施し、スモールPDCAを回そう

開催日時 2020年2月21日(金)13:30~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 42,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 1314279

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top