事業戦略を強化するブランド発想の考え方・取り入れ方

~自社の強み・自社ならではの価値を打ち出し浸透させるには~

マーケティング

・御社が同業他社と差別化できる要素はありますか?
・自社ならではの提供価値・顧客価値はありますか?
・それによって競争優位の機会は高まりますか?


今、事業を強化するうえで、ブランドという考え方・発想が注目されています。
ブランドは「戦略をブレずに実践する、拠り所となるコンセプト」であり、ブランド戦略は「顧客や社員の支持を獲得し、中長期的にかつ安定的な利益を確保するための戦略」と言い換えられます。
本セミナーでは事業戦略におけるブランドの機能や役割を理解し、どのように事業戦略に結び付けることができるのか解説していきます。


【こんな方におすすめです】
経営企画部門・事業戦略推進部門など
中期経営計画の推進、事業戦略策定・推進等に関わる方、ブランディングに関わる方 等
・市場における自社の競争優位を実現させたい
・自社の「強み」や「他にはない独自性」を打ち出し事業を発展させたい
・顧客に認知され支持され、社員からも支持を得られる事業・企業にしていきたい
・中期経営計画の推進をブランドという切り口で考えてみたい
・社員の意識を変えモチベーションを高めたい      etc.


講師紹介

講師紹介

講師名 岡田 裕幸
所属 株式会社B.I.Pジャパン 代表取締役
略歴 1996年株式会社インターブランドジャパン入社。2002年同社取締役エグゼクティブコンサルタントに就任し、大企業を中心に様々な業種、業態の企業のブランド戦略プロジェク トに参画。2010年同社を退社後、株式会社B.I.Pジャパンを設立。現在で は多岐にわたるブランド戦略プロジェクトに携わる一方、セミナーや講演 活動を行っている。大前研一氏主宰ビジネス・ブレークスルー大学院「ブラ ンド戦略概論」講師 立命館大学経営大学院(ビジネススクール)非常勤講 師 SMBCコンサルティング主催ビジネスセミナー「ブランド戦略」講師 書籍出版:「戦略的ブランド経営」(中央経済社/2015.12発刊)

セミナー概要

1.先行き不透明なVUCAの時代、顧客に中長期的に選ばれる企業とは

 ・今までの常識が通じない「質」的な事業環境の変化が起きている
 ・ますます必要となるのは「独自性の見極め」と「差別化」
 ・顧客価値(顧客にとって大切なこと)を第一に考える戦略発想
 ・自社はどのタイプ?企業の4つのタイプ

2.事業戦略とブランドの関係性とそれぞれの役割

  ・「広告宣伝」「マーケティング」「売上直結」・・・ブランドに対する誤解、誤認
  ・事業機会を高めるブランドの機能とは
  ・事業価値を高める4つの関係性づくり

3.差別化を図り顧客に選ばれるための、“らしさ”づくりの視点

  ・「○○と言えば当社」という認知を獲得するために必要なこと
  ・自社に強みがない?企業が一番悩む、自社ならではの「強み」と「提供価値」
  ・競争優位のための戦略的ポジショニング 
     事例)自社を〇〇会社と位置づけ、飛躍的に成長させた企業
  ・自社“らしさ”をつくる基本ステップ
  ・“らしさ”を構成する6原則6要素  
    事例)‘らしさ’を明確にして差別化に取り組む
    大手食品メーカー企業、住宅メーカー、中堅電機メーカー、印刷会社 他

4.自社“らしさ”を事業活動、施策に反映させるには

  ・トップから現場までの一体感・整合性を実現する社内浸透のポイント
  ・ブランドに対する社内の理解と共感を得る「見える化」の重要性
  ・インナーブランディングの進め方と具体的施策
   事例)インナーブランディングで社内活性化を図り、事業活動に巧みに
      反映している大手アパレル企業、保険代理店、中堅不動産仲介企業、他

5.自社ブランディングの現状がわかる!簡易診断








◆マーケティング研究協会では、本セミナーの社内開催、自社の独自性を見つけ事業戦略に展開するためのコンサルティングを企画・ご提案しております。

「マーケティング研究協会 中村(電話03-5227-5711)」までお気軽にお問合わせ下さい。

ブランディングに関する各種支援はこちらからもご覧いただけます。

開催日時 2019年11月12日(火)13:30~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 42,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 2112363

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top