見落としていた情報、見過ごしていたコトに気づく

顧客/市場の潜在ニーズに迫る
「3つの情報収集・分析・洞察スキル」

マーケティング

このような方にお勧めします

・1回の商談から多くの提案ネタを拾いたい
・顧客の潜在ニーズを読み解き、製品開発に活かしたい
・見落としていたビジネスチャンスに気付く力を養いたい


講師紹介

講師紹介

講師 伊藤 隆裕
所属 マーケティング研究協会
シニアトレーナー
略歴 大学卒業後、(株)リクルートに入社しHRの営業・広告ディレクションを行う。その後、グローバルマーケティング会社にて新興国のリサーチとマーケティングを行い、食品やIT、電機品などの海外事業戦略を策定。2010年より現職。主な担当分野は新規事業開発、生産財マーケティング。これまでに書き上げた企画書は4000枚を超え、電機、機械、化学、通信、食品、流通などの分野で毎年3~5テーマほどの新規事業の立ち上げの支援を行っている。(社)日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー。

セミナー概要

1.オリエンテーション (なぜ、何のために、どんな情報が活きるのか)

 ・顕在ニーズと潜在ニーズの違い
 ・社会の成熟化や技術革新から生じる新たなニーズを知覚する
 ・潜在ニーズを捉えることの重要性と実務への活用
 ・情報収集の範囲・観点(自社を取り巻くエコシステムを捉える)

2.ヒアリング・インタビューのスキル

 ・思いつきや出たとこ勝負でない質問をしつつ、誘導しない対話の技術
 ・初対面の相手でも短時間で深い対話に導くための質問技法を習得する
 ・相手のホンネやニーズの核心に迫るヒヤリングの練習

3.現場の観察・事象の洞察スキル

 ・相手がイメージできないものは、ヒヤリングからのニーズ抽出はできない
 ・事例から学ぶ、観察や洞察からイノベーションを生む方法
 ・観察力・洞察力を高める練習(発見を探り仮説を立てる)

4.データ収集・分析・解析のスキル

 ・持っているデータを何にどう使うか、どう解釈するかが重要
 ・データを読み解き顧客の潜在ニーズを探る練習
 ・意外に役立つデータはこんなところから拾える

5.まとめ

 ・学習の振り返り、質疑、日々の仕事の中でのスキルの高め方

開催日時 2019年10月29日(火)13:30-17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 42,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 1012365

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top