ロジックがしっかりすれば、説得力も格段に上がる!

筋のいい仮説の立て方、活かし方

マーケティング

至る場面で「重要!」と叫ばれる割に、実は方法論があやふやな「仮説」。
本セミナーでは根拠が明確な仮説の出し方を具体的にわかりやすく伝授します。


【講座の特長】
●情報の集め方・読み取り方・考えのまとめ方の具体的な方法論を、スッキリとした手順とフレームワークで伝授
●分析よりもデータの「意味付け」を重視したプログラム
●とは言え、データを扱う上で最低限知っておきたい知識も解説





【仮説設定プロセス】
190418seminar.png


講師紹介

講師紹介

hirukawa.JPG

講師名 蛭川 速(ひるかわ はやと)
所属 株式会社フォーカスマーケティング 代表取締役
略歴 株式会社フォーカスマーケティング 代表取締役。中小企業診断士。1969年生まれ。金融機関を経て(株)マーケティン グ研究協会に入社。2012年5月から現職。著書に『社内外に眠るデータをどう生かすか』『マーケティングに役立つ統計の読み方』などがある。企業のマーケティング支援業務に18年間携わった経験から、実務で活かせるマーケティング戦略を提唱。商品企画や販売促進などマーケティング実務におけるコンサルティング活動とマーケティングリサーチ支援を行う。ビジネスセミナーや企業研修講師としても活躍。「マーケティングは仮説が全て」を信条として、定量データから仮説を設定するプロセスを構築。企業実務での支援活動に注力している。
コラム マーケティング実態調査からみる成功企業のポイント(連載)

セミナー概要

1 マーケティングに活かす仮説のつくり方

・筋のいい仮説と、フツーの仮説
・ビジネスで成果を上げるには
・幸運な偶然(セレンディピティ)
・洞察(閃き)と推論(熟慮)

【演習】 初期仮説設定10番勝負!

2 仮説を立てるためのアンテナの張り方と「意味」の見出し方

・Factにこだわる
・仮説設定のための情報収集法
・定量データ分析のポイントと分析プロセス
・定性データ分析のポイントと分析プロセス

【演習】 観察調査からFactを見出す

3 仮説設定~検証の具体的なステップ

・テーマ設定
・初期仮説設定と情報収集
・Fact抽出と特異点の発掘
・要因・背景の探索
・仮説設定

【演習】 菓子メーカーのデータ分析を通して仮説を設定する

4 仮説を課題、アクションへと落とし込む

・今何をやるべきか、やらざるべきか・・・意思決定のためのロジカルシンキング
・仮説を立てても課題が見えなければ結局は使い物にならない
・マーケティング仮説から施策の方向性を考える

開催日時 2019年10月9日(水)10:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 45,000円+消費税10% 4500円 合計49,500円 ※昼食をご用意いたします
セミナーNo. 0614256

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top