店頭で勝つ!店頭活動の総点検

店頭活動の総点検!
効果効率を高めるためのフィールドスタッフマネジメント

営業力強化(消費財)

ラウンダー・フィールドスタッフによる、店舗フォロー体制を持ち、店頭活動を実施していても「思うような成果が出ない!」「組織が上手機能しない」というメーカーも多いのではないでしょうか? 
本セミナーでは、店舗フォローや店頭活動を分解して考え、組織運営やスタッフ管理など、成果を上げるためのマネジメントについて、具体例を交えて解説いたします。



〈こんなお悩みありませんか?〉

思い当たることが3つ以上ある方は、ぜひご参加ください。
・本部商談で決まったはずの企画でも店頭実現率が低い。
・新商品投入時の展開率、展開スピードが遅い。
・店舗裁量の拡大により店頭でトップメーカーに好き勝手されてしまっている。
・指示書に基づいて運営しているが、指示書とその伝達に問題があり、店頭実現度が低い。
・人員が定着せずに、活動ノウハウが蓄積しない。引継ぎやOJTも機能していない。
・店舗側の人手不足の影響により、労務提供的な活動が増えてしまっている。
・店頭活動自体をよく理解していないため、マネジメントができていない。
・若手営業担当はスタッフにお願いしかできずに、活動をコントロールできていない。
・雇用形態の問題により、営業担当とフィールドスタッフのコミュニケーションに問題が生じている。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 鈴木 孝ニ 
所属 株式会社ヴァーテックスジャパン 代表
株式会社マーケティング研究協会 顧問
略歴 1980年に現ユニリーバ・ジャパン入社。卸店や大手流通小売業への本部営業担当、営業マネジメントを経験後、フィールドマーチャンダイジングチームの立上げに参画。「戦略・仕組み・育成」の3本柱をベースに数百名のチームに育て上げる。その後、セールストレーナーとして、営業部門の人材育成を担当、集合研修のファシリテーターやOJTにて、セールスのレベルアップに取組み、会社成長の礎を担う。2010年に独立し、フィールドマーケティングの仕組みづくりや、チームの立上げ、営業の本部商談研修などのコンサルティングやトレーニングをメインに活動。
講師著書:「フィールドスタッフマネジメント」 2017年5月 文芸社より発刊

セミナー概要

1_店頭活動に影響を与える要因とメーカーとしての対応の方向性

 ・チェーンの2極化(本部施策徹底 or 個店裁量強化)に対して、どのような体制を取るか?
 ・直前まで決まらない本部商談に対して、どのように指示伝達を徹底させるか?
 ・慢性的な店舗の人員不足に対して、メーカーはどこまでサポートすべきか?
 ・変わる売場環境(セルフレジ・減る売場箇所など)に対して、どのような活動をするか?
 ・採用難、スピード離職に対して、どのように採用、定着、育成をするか?
 ・労働契約法改正に対して、各社はどのような運用をしているのか?
 ・消費税増税前後で、店頭の状況やスタッフの活動はどのように変わるのか?

2_ 活動の効果・効率を高めるための6つのマネジメント要件

要件1:店頭活動の目的とゴール
 ・店舗がメーカーに期待する店頭フォローとサポートとは?
 ・メーカーの店頭フォローの3つの活動パターンとその成果とは?

要件2:マネジメントの仕組みづくり
 ・間違いだらけの訪問計画!訪問店舗の設定と効率的な訪問プランとは?
 ・システムの活用によるタイムリーな店頭活動の見える化と本部商談での活用とは? 
 ・訪問活動、店頭活動のサポート体制は整っているのか?

要件3:スタッフの採用・定着・育成
 ・採用面接時に必ず確認しておくべき2つのポイント
 ・採用から戦力化までのスピードを速める育成プラン(マニュアル・集合研修・同行)       
 ・同行時には何をみるのか?同行OJTによるスキルとモチベーションの向上

要件4:店頭活動の管理
 ・直行直帰のスタッフをどのようにマネジメントしていくべきなのか?業務報告に隠された現実
 ・突出したスタッフはいらない。求めるのは標準業務のスピード。 
 ・五月雨式の指示書伝達。果たしてスタッフにどこまで伝わっているのか?

要件5:本部担当からの指示・コミュニケーション
 ・スタッフに動いてもらうための営業担当としての心得
 ・理解度を高め実行してもらうための指示書の作り方と伝え方
 ・営業とスタッフの距離を縮める指示書会議の運営

要件6:店頭活動の生産性と投資効果の追求
 ・やってはいけない店頭活動とやってはいけないマネジメント
 ・スタッフの訪問効果と店頭戦略の実現に向けた成果指標

開催日時 2019年7月3日(水)13:00-17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 40,000円+消費税3,200円・・・43,200円(消費税込)
※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 0715167
ご案内PDF ご案内パンフレットはこちらからご確認ください(PDF)
※お申込書としてもお使いいただけます。

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top