カラーマーケティング
~他社との差別化を図る!「売れる」ための商品パッケージ・販促カラー戦略~

マーケティング

商品パッケージや販促物のカラーリング、その「色の決定」に根拠はありますか?説得力ありますか?
「色」は、商品イメージや価格帯、味覚イメージ、視認性など、
購買行動における各プロセスにおいて、感情をコントロールする力を持っています。
つまり、色をマーケティング視点で捉え商品戦略に活用することはターゲットへの訴求力を高め、競合との差別化となる「感情価値」を高めることに繋がります。
本セミナーでは、成果を出すためのカラー戦略、色選定の考え方と手法を事例を交えながら体系的に学んで頂きます。
またご参加特典として、実務に即活用いただける今後のカラー動向情報もお持ち帰りいただけます。


講師紹介

講師紹介

nopicture

講師名 大澤 かほる
所属 一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)
クリエイティブディレクター
略歴 大学卒業後、飲料、食料の市場調査会社にて「色のイメージ調査」を担当。その後広告代理店を経て現職(社)日本流行色協会へ。現在は、市場のカラー戦略、商品のカラーコンセプト作成、先行市場のディレクションカラー選定等のコンサルティングを主に、色彩教育、トレンドセミナー、執筆活動と幅広く活動中。流行色を選定する国際的な組織「インターカラー」日本代表。

セミナー概要

1.時代の潮流を読んで「売れる」色を設定する

〇流行色(トレンドカラー)現在、過去、未来
〇好景気に表れる色、不景気に表れる色
〇技術開発がライフスタイルを変え、色彩志向を変える
〇カラートレンド情報を活用してリスクを軽減する
事例:独自調査データからみるカラーの使われ方

2.カラー戦略のための基礎知識

〇根拠のある「色」の決め方がされていますか?理論武装に必要な調査
〇「色」を整理する方法
〇色彩動向調査データの読み方
〇人の感情を意図的に動かすカラーを設定する方法

■事例研究ー売り上げ動向とカラーマーケティング
自動車…乗用車の色別販売シェアと傾向
化粧品…メーキャップ関連の 色嗜好と売れ方
食品・飲料…パッケージに現れるカラー傾向と売れ方
店舗環境…心地よさを生み出す色彩・素材の取り入れ方

3. 商品コンセプトを商品パッケージ・販促まで一気通貫させる色選び

〇ターゲットのライフスタイルをリアルに描き出す
〇コンセプト策定時からターゲットの色彩志向を押える
〇マーケットデータは過去、戦略は未来
〇商品のカラーイメージを、関係者全員が共有する

4. 商品のカラー選定、構成のポイント

〇競合他社のカラー設定を把握する
〇売り場の背景、陳列、競合他社商品の色を把握する
〇目的に応じたカラー選定をする(ブランディング、認知、購買・・・)
〇ターゲットに響くカラーストーリーとは

5. 激動の時代、今後求められるカラー

〇大きく変わるライフスタイル、価値観
〇変わる産業構造、カスタマイズ問題
〇現市場の色彩動向/自動車、インテリア、ファッション、化粧品、家電
〇2020年~2021年に注目したい色と質感

開催日時 2019年7月23日(火) 13:30~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 0615170

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top