こんな時どうすればいい?

POSデータ分析の基本徹底セミナー

提案シーン別の分析方法をわかりやすく解説します

マーケティング

営業力強化(消費財)

日々の業務では、いま解決したい様々な疑問が生じます。新商品
の導入状況はどうか? 競合商品はどうなっているか?粗利はどうか? どのような棚割を組むか? いつ、いくらで販促をかけるか? これらの疑問を解決するにはPOS分析は避けて通れない課題です。

今回のセミナーは、POS分析を実施するさまざまなシーンを想定し、具体的な手法をわかりやすく解説します。
第1講座では、食品スーパー、コンビニでのPOS分析の活用事例を、
第2講座では、POS分析が必要なシーン毎に、解決方法を取り上げました。
第3講座では、基本とすべきPOS分析手法を選び、ここだけは押さえてくべき課題を整理しました。POS分析に関する疑問を解消し、日々の業務のお役に立てれば幸いです。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 鈴木 聖一
所属 株式会社IDプラスアイ
代表取締役社長
略歴 1988年、慶應義塾大学商学部卒業。村田ゼミでマーケティングを学ぶ。 同年、(株)船井総合研究所入社。食品スーパーの活性化に幅広く取組み、 1992年、PI値に基づくマーチャンダイジングの強化方法を確立。1998年、(有)PI研究所を設立。近年は、POSからID付POS、ビッグデータへの発展とともに、2013年、(株)IDプラスアイを設立。ここ最近では、AIの研究開発にも取り組み、その成果を活かしたマーチャンダイジングのみならず、顧客IDに基づくマーケティング戦略を提唱している。

セミナー概要

1 食品スーパー、コンビニに見る最新のPOS分析事例

1) ヤオコー:1km商圏シェアのPOS分析活用
2) マックスバリュ東海:競争力向上のPOS分析活用
3) Tポイント、ポンタ:ポイントカード活用のPOS分析活用
4) その他、食品スーパー、コンビニでのPOS分析事例

2 こんなシーン、POS分析で解決

1) 新商品を導入したい:既存商品との差別化のPOS分析
2) 新商品の導入効果をみたい:配荷率のPOS分析
3) 自社商品のカットを阻止したい:併売、リフト値のPOS分析
4) 粗利ミックスの提案をしたい:相乗積のPOS分析
5) 商品の欠品、過剰在庫を防ぎたい:需要予測のPOS分析
6) 棚割で優位置を確保したい:ポジショニングのPOS分析
7) 販促効果を測定したい:いつ、いくらで販売するかのPOS分析
*セミナー当日、セミナー後もPOS分析の疑問にお答えまします。

3 覚えておくべきPOS分析の基本徹底!

1) 金額、数量で見るPOS分析
2) 客数が加わった場合のPOS分析
3) 全国平均のPOSデータが加わった場合のPOS分析
   *PI値を売上数量(金額)/客数で算出
   *売上高=客数×客単価(金額PI値)
     =客数×PI値×平均単価で分析

4 まとめ

開催日時 2019年7月25日(木) 13:30~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 43,200円(税込)お飲み物などをご用意しております。
セミナーNo. 1314248

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top