「わかる」から「できる」へ!実務に活かせる「技」の体得!

1日集中! マーケティング入門

~基礎理論とフレームワークを学び、ケーススタディで身に着ける!~

マーケティング

「マーケティングを業務で使える"技"へ」


消費の成熟化、人口減少に伴う市場縮小など、ビジネス環境は厳しさを増しており、勝ち残るためにどのような差別化戦略を取り、誰へ、どのような価値を、どのように提供するのかを再考する必要に迫られています。そのため、ビジネスの基本となるマーケティングを個々人が「実務で使いこなせる"技"」として習得し、企業全体の戦力向上を図らなければなりません。
本プログラムでは、マーケティングの基礎理論とフレームワークを丁寧に解説し、身近なビジネスケース演習を通じて「実務でいこなせる"技"」として体得していただきます。 潜在ニーズの探り方や、昨今のマーケティング領域でのキーワード解説など、若手マーケターの方にも実務に直結する学びが得られます。


講師紹介

講師紹介

金森努講師

講師名 金森 努
所属 金森マーケティング事務所 取締役社長
略歴 大手コールセンターにて「顧客の生の声」に触れ、マーケティング・コミュニケーションの世界に魅了されてこの道27年。コンサルティング会社、広告会社を経て、2005年に独立。企業コンサルティング(事業・マーケティング戦略の立案、実行支援)や、マーケターの育成を数多く行っている。一貫して「マーケティングの要諦は、顧客視点・生活者視点」と主張する。
著書に「よくわかるこれからのマーケティング」、「あのヒット商品はなぜ売れるのか?」、「実例でわかる差別化マーケティング成功の法則」、新刊「9つのフレームワークで理解するマーケティング超入門」など多数。
青山学院大学経済学部非常勤講師('04年~現在)、グロービズ経営大学院客員准教授('06年~'18年)、日本消費者行動研究学会学術会員。



金森講師著書


セミナー概要

1.実はあやふやなままになっていませんか? マーケティングの「基本の“き”」

・なぜマーケティングが重要なのか?
・ニーズを見つける「超効果的な基本原則」
・マーケティング戦略策定の手順と整合性の鉄則
・何を、どこまで分析すればマーケティング戦略は立てられる?
 :マーケティングの論点設定方法

2.競合に勝つ突破口(KSF)の導出:環境分析

・マクロ環境を把握するPEST分析と業界環境を知る5F分析
・現状から課題を抽出する3C分析の視点
・3C分析は分析手順が重要
・戦略の方向性を見定めるSWOT分析は“誤用に注意”

3.KSFから差別化の戦略を策定する:STP

・有望な顧客候補を探る「セグメンテーションとターゲティング」
・顧客候補の優先順位は5Rで分析
・理想の顧客像をプロファイリング(ペルソナ分析)
・差別化できる「魅力的な価値」の見つけ方(ポジショニング)

4.4つの視点で具体的な施策に落とし込む:マーケティングミックス(4P)

・製品(Product)の視点:製品の提供価値とプロダクトライフサイクルの関係
・価格(Price)の視点:価格設定は「3つの視点」を見極める
・新市場に投入する際の価格設定2つの決め方
・流通(Place)の視点:顧客に届けるチャネルの設計
・プロモーション(Promotion)の視点:顧客の態度変容モデルに沿ったコミュニケーション

5.昨今のキーワードとマーケティング実務の潮流&1日のまとめ

・BtoCとBtoBのマーケティングの違いと留意点
・ブランド戦略でロングセラーに育成する
・消費者との関わり方を描くカスタマージャーニーとUX
・これが正しい「デジタルマーケティング」の理解

【ミニ演習、身近なビジネスケース演習を多数盛り込んでいます】

  ・「最新のノートパソコンが欲しい人」のニーズは?
  ・売上が伸び悩むジャケット、あなたはどうテコ入れしますか?
  ・アルコール飲料業界をPEST&5F分析してみよう
  ・総合飲料メーカーのマーケティング課題を抽出する(3C分析)
  ・新コンセプト飲料の差別化ポイントを考える
  ・ハイティーン女性向け雑貨、売上不振の改善マーケティングプラン【総合演習】 など

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込) 昼食のご用意をいたします。
セミナーNo. 0915171

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top