消費者から高い共感を得る

強いブランドのつくり方

マーケティング

ライフスタイルやメディアの多様化が生活者のブランドに対して頂くイメージの形成や価値判断基準に大きな影響を及ぼしています。こうした時代に対応し、ブランディングやイノベーションにおいても新しいアプローチが登場しています。


本講座では、ブランドに新しい価値をもたらす「意味」によるアプローチをわかりやすく解説します。
既存の延長ではなく、新しいアプローチでブランドを構築したいと思っていらっしゃる方々に是非ご参加いただきたいセミナーです。


講師紹介

講師紹介

nopicture

講師名 小田 裕和
所属 株式会社ミミクリデザイン ディレクター
東京大学大学院情報学環 特任研究員
略歴 東京大学大学院 情報学環特任研究員 株式会社ミミクリデザイン ディレクター千葉工業大学大学院工学研究科博士課程修了。 博士(工学)。千葉県出身。新たな価値を創り出すための、意味のイノベーションやデザイン思考といったデザインの方法論やそのための教育と実践のあり方について研究を行なっている。ミミクリデザインでは、新たな意味をもたらすための商品開発プロジェクトや、主体的に価値創造に取り組む人材の育成プロジェクトを中心にディレクションやファシリテーションを担当している。

セミナー概要

1.商品・ブランドを取り巻く環境と課題

1)マスのニーズがつかめない!
 ・メディアの多様化が促進する生活者の価値観の多様化
2)口コミがすべて?
 ・ブランドを形成するエビデンスが変化している
3)気づいたらライバルに
 ・新しい「競合」の登場と新しい「競争」の激化
 ・PBの台頭と定着による、生活者の中のブランドの変化

2.強いブランドをつくる新たなアプローチ

1)「意味」に着目したイノベーションの考え方
 ・ソリューションではなく、「意味」に着目する理由
2)モノゴトと人との間に存在する意味の絶え間ない変化
 ・変化に対応するために必要な「体幹」としての意味
3)意味のあるビジョンが強いブランドを構築する
 ・任天堂やAppleなど、強いブランドが欠かさず持つビジョンとしての意味

3.意味形成を支援するブランド構築のアプローチ

1)ブランドを形成する「哲学」へのアプローチ
2)「メタファー」による意味伝達のアプローチ
3)タッチポイント創出のための「統合視点」のアプローチ
 (各セッションで簡単なワークを行います)

4.まとめ

開催日時 2019年6月18日(火) 13:30~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 0614247

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top