ドラッグストア取組み強化セミナー

成長を続けるドラッグチェーンとの新しい取組み方

営業力強化(消費財)

1,000店舗を超えるチェーンが7社を超え、更なる拡大を続けるドラッグストアチェーン。今後も拡大を続けると予想されるドラッグストアチェーンはどこに向かい、メーカー、卸各社はどの様に取組みを行っていけばいいのでしょうか。
GMSやSMとは異なる取組みのあり方を第一人者がわかりやすく解説いたします。


講師紹介

講師紹介

nopicture

講師名 郡司 昇
所属 店舗のICT活用研究所 代表
略歴 ココカラファインにおいて、販社統合のほぼ全てのプロジェクトや異業 種アライアンスを担当した後、EC事業子会社を設立し社長に就任。EC事業を立て直すと同時に全社マーケティング戦略を構築・実行。現在は、メーカー・テック企業・小売業をICTを活用し繋ぐことで、顧客接点の全体最適化を図る業務を推進している。「ダイヤモンド・ドラッグストア誌」他各メディアで連載中。

セミナー概要

1.小売業各業種の動向と今後

1)ますますシームレスになる小売業
   ドラッグストア、ホームセンター、スーパー、コンビニの今後の姿は?
2)ドラッグストアの動向と今後
  ①今後もドラッグストアの積極出店は続くのか
  ②食料品強化の流れと消費増税後の対応
  ③コンビニ・ドラッグストア併設など新業態は成功するか
  ④主要チェーンのデジタル対応の現状と評価、今後の可能性は

2.ドラッグストアのマーケティングの現状とこれから

1)ドラッグストアに対する顧客の要望と各チェーンの対応の現実
2)なぜチラシとポイント〇倍販促のセリングを脱却して
   マーケティングに向かえないのか
3)ドラッグストアが対応すべきこと
4)メーカー・卸の協力が必要なこと

3.ドラッグストアのマーチャンダイジングはこう変わる

1)AIを活用した優れた店頭販促物の作成の効果検証
2)優れた販促物がもたらす棚割り獲得上の優位性とは
3)ICT活用によるリテールサポートの進化最新事例
   テクノロジー進化に伴うMDの進化は過去の延長線上ではない
   ・Kroger&Microsoftの提携ソリューションEDGEの事例
   ・進化を続けるAmazonGo
   ・国内ドラッグストアの事例とこれから

4.ドラッグストアに対する営業支援のあり方

 1)商品部門が求めるモノと店舗、EC、物流部門が助かるモノ
 2)今出来ていないことで、やれば効果が出ることはなにか?

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 0714244

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top