店舗スタッフの活かし方・動かし方セミナー

~育成・定着・動機づけを実現する新しいマネジメント方法~

マーケティング

営業力強化(店舗・売場)

消費が成熟化している国内市場ですが、インターネットも含めた買物環境は増え続け、完全なオーバーストア状態で競争が益々熾烈になっています。
そのような環境化、IOT化やAIの活用が進み、POSデータだけでなく様々なデータを駆使したマーケティング競争、顧客の囲い込み競争に時代は突入しています。しかし手法ばかりが開発されていますが、店舗での販売やサービスの品質は大きく変わっているのでしょうか?リアル店舗の価値を具現化できていますでしょうか?

お客様に突進する販売員、機械のように作業するスタッフ、目を見て話せないレジスタッフ、お客様から逃げる店長・・・
これが現実です。売場では、店舗社員、パート、アルバイトの離職問題や仕事のやりがいやモチベーションに課題を抱えた状態で、現場任せの店舗運営が行われているのが実際です。

本セミナーでは、このような環境化で「どのようにリアル店舗の販売力を高めていくべきなのか?」をテーマに、店舗のマーケティング・マネジメントについて事例を交えて解説いたします。
また、売上や顧客づくり、顧客満足(CS)を高めるだけでなく、店舗をやる気にさせ従業員満足(ES)を高める秘訣についてもご紹介いたします。店舗をマネジメントする小売業の方、店舗をサポートする立場のメーカーの方におすすめのセミナーです。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 齋藤 考太
所属 株式会社SIS 代表取締役
略歴 広告代理店、マーケティング企画会社にて、マーケティング計画策定、プロモーション企画立案、現場マニュアル作成等の業務に携わり、顧客育成や売上アップのノウハウを蓄積する。その経験を生かし、現在は、店舗系ビジネス(専門店・SC・総合小売・サービス業等)において、顧客との関係性を強化して売上拡大を目指す企業(カワサキモータースジャパン・カネボウ化粧品、KDDI等)を対象に、ブランドを活かした顧客育成の仕組みづくりと、販売現場に根付かせる教育・研修・コンサルティングを実施している。近年は、ショップのブランディングやCX(カスタマーエクスペリエンス)も数多く手掛ける。

セミナー概要

1.店舗の価値、店舗スタッフの存在意義とは?

 ・店舗と顧客の関係性の変化と現在、求められている顧客体験・顧客満足とは?
 ・人員不足に対する対応の差が店舗競争力の差に!
 ・過去の売上方程式の破綻、新しい売上方程式の描き方

2.現場を疲弊させないための動機づけ

 ・これからの時代の顧客心理と現場対応の考え方
 ・モノを売る、お店を管理するという視点からの脱却
 ・売上=顧客満足=従業員満足の成功モデル、考える店舗へ

3.店舗スタッフを活かし動かす!新しいPDCAマネジメント

 ・G(目標)の決め方…「どんなお店になりたいのか現場が決める」ように導く方法
 ・P(計画)の作り方…楽しみながら働ける活動計画を現場が作れる、2つの条件
 ・D(実践)の進め方…徹底・努力・根性論からの脱却、ノリよく現場を動かす方法
 ・C(振り返り)の進め方
           …肯定感をベースにしたり3つのコミュニケーションノウハウ          
 ・A(改善)の仕組みづくり…好事例が増殖する仕組みづくり、これからの時代の勘所

4.店舗をサポートする施策と店舗スタッフを商人に変える教育

 ・考える店舗をつくり、商人を育てるための、本部と現場の仕事の棲み分けとサポート
 ・定着、早期育成の鍵を握る、現場(店長・ベテラン・スタッフ)向け教育プログラムの在り方
 ・内的動機づけの重要性!定着&自律性を生み出す現場モチベーションUPの5つの手法

開催日時 2019年3月7日(木) 13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 32,400円(受講料30,000円+消費税2,400円)
セミナーNo. 0715161

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top