競合他社情報の収集の仕方と戦略の立案

競争相手を「見える化」し、打ち勝つ戦略を策定する

マーケティング

下記のお悩みを解決できるセミナーです!!


・調査は外注任せだが、報告内容に対してツッコんだ要請ができない
・定期的に情報を更新できておらず、数年間同じ情報のままになっている
・集めた情報から戦略を立てているが、上司から納得性が無いと言われる
・情報は収集しているが、集める情報の質、頻度などが定義されておらず、人によっては意味のない情報も上げてくるため、非効率となっている
・新規事業開発を担当しているが、市場調査のやり方が独学や前任者の方法を踏襲しているため、やり方があっているか不安


講師紹介

講師紹介

小倉 正嗣講師

講師 小倉 正嗣
所属 株式会社リアルコネクト 代表取締役
中小企業診断士 MBA
略歴 兵庫県生まれ。静岡大学を卒業後、株式会社サンゲツを経て、デルコンピュータに入社する。トップセールスとして数々の賞を受賞した後、営業マネ−ジャーとしてダイレクトモデル経営に深く傾倒。
その後、アスクルに新規事業開発のプロジェクトリーダーとして参画し、複数の新規事業を立ち上げ、その実績は新聞・雑誌に多く取り上げられる。
2013年に経営コンサルタントとして独立。企業の法人営業改革と新規事業開発を中心としたコンサルティングを行っており、結果に徹底的にこだわる現場主義の手法には高い信頼がある。
研修講師としては、自ら数字を作り続けてきたからわかる「現場の泥臭さ」に「ビジネス理論」を融合して、いかに面白くわかりやすく伝えるかを徹底的に追求している。

セミナー概要

1.競合情報の収集はなぜ社内で定着しないのか

  1)何のために誰が競合他社情報を集めるのか
  2)競合他社を明確に定義する指針
  3)競合企業の情報収集のための「仮説」の作り方

2.競合情報収集の進め方

 1)情報戦の進め方~仮説づくり・情報収集・分析・活用
  2)情報収集のポイントとなるヒト・モノ・カネ・時間の実際  
  3)出口(期間・内容)を設定する具体策
  4)情報を集約する組織づくりとモチベーションの設定

3.2次情報の具体的な集め方

  1)WEB調査
  2)紙媒体調査(新聞、業界紙、論文)
  3)既出の調査レポート調査
  4)外部の活用(MDB・日経テレコン・調査会社・公共機関)

4.1次情報の具体的な進め方

  1)誰から情報を集めるか? ターゲットを選定するポイント
     「顧客企業、関連企業(仕入れ先)、異業種ヒアリング」
  2)ヒアリングのアポの名目はどう設定するか
  3)面談時の質問の仕方、ヒアリングの想定問答のフレーム

5.競合分析とは(ベンチマーク分析)

  1)競合の弱点を見つけるフレーム~QCDも含め、9つに細分化する
  2)分析の具体的な進め方

6.集めた情報から、競争戦略を立案する

  1)自社・競合のビジネスモデルについての評価を進める
  2)自社・競合のバリューシステムからポジショニングを検討する
  3)商品・サービス・ビジネススキーム軸での競争戦略を構築する

開催日時 2019年2月8日(金)13:30~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 1313114

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top