事業計画書の書き方、通し方

~スムーズな理解、承認を得られるビジネスプランの立て方と資料表現の仕方~

人材育成

この講座では元ソニーのニュービジネス開発担当マネージャーが、フロッピーディスクやリチウムイオン電池、電子デバイスなど、様々な製品の事業開発や市場開拓の実務を通じて培った「事業計画」の立て方や資料への落とし込み方、プランの通し方に関する考え方や手法について、体験や事例を交えて分かり易く解説します。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 古森 創
  株式会社古森コンサルタンツ 代表
略歴 1962年生まれ。九州大学を卒業後、ソニー株式会社に入社。コンピュータ用磁気ディスクの民生用新規チャネル開発、量販チャネル開拓、マーケティング部門を経て、新規事業開発部署に異動。超小型TVチューナーデバイスによるテレビ付き携帯電話の市場創造や、リチウムイオン電池の電動工具、掃除機などの新市場開拓などに携わる。2009年に独立し現在、新規事業開発など、「売れる仕組みづくり」を中心にマーケティング・営業・経営管理の支援・指導、人材育成、講演・研修、執筆等に活躍。中小企業診断士。
主要著書:「新規事業開発成功のための80ステップ」(三修社)、「中小企業のためのビジネス企画の立て方、作り方」(武蔵野商工会議所)

セミナー概要

1.なぜ、あなたの事業計画書は差し戻されるのか?

 1)「これで完璧」と思って出した計画書が通らない理由とは?
 2)充分なバックデータや緻密な分析があれば良いという訳ではない
 3)「これではダメ」といわれたら、その背景に何があるのか考える
 4)すんなりプランを通す人が心がけていること
 5)スムーズな計画承認を促す5つのポイント

2.人を納得させる事業計画の立て方

 1)「ビジネスモデル」を解り易くイメージさせる
 2)この「計画」のゴールとは何か?
 3)「論理的」と感じさせる戦略シナリオの立て方
 4)相手の納得を引き出す「目標設定」の仕方
 5)適正な「予算計画」の立て方
 6)「実行スケジュール」を立てる時の注意点

3.いちいち説明しなくても通る計画書作りの一工夫

 1)「自分で説明する資料」と「渡して読んでもらう資料」の違い
 2)誰でも理解しやすい「ストーリー構成」の原則
 3)グラフと文章で左脳に、写真と図で右脳に訴える資料作成テクニック
 4)相手の関心を惹くための仕掛け
 5)「重箱の隅」を突かれたり、「あげ足」をとられたりする要因と、その予防策

4.承諾の獲得力を高める秘訣

 1)自分と相手の役割を考える
 2)「リーダーシップ理論」を使って承諾を引き出す
 3)わかりやすい説明、報告の仕方とは
 4)インパクトのある文章力の磨き方
 5)「納得スイッチ」のポイントは相手や場面によって違う

5.読み手を「味方」につける「人を巻き込む」テクニック





◆セミナールーム前のラウンジを、講師への質問・相談の他、ご参加者同士も含めた情報交換の場として開放しております。
お飲み物やお茶菓子等をご用意しておりますので、是非ご利用ください。


◆このセミナーテーマに関する個別企業内での「セミナー」や「勉強会」の企画、開催のご相談も受け賜りしております。
また、貴社の「営業力強化」や「マーケティング」、「伝わる企画書、提案資料作成」等に関するご相談やお問合わせについても別途個別にご対応させて頂いております。詳しくは担当「後藤(tel:03-5227-5711)」迄お問合わせ下さい。

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600 円 (税込) 昼食をお出しいたします
セミナーNo. 3414221

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top