マーケティングアイデア発想
1日集中トレーニング

~アイデア発想は「スキル」であって「才能」ではない~

マーケティング

【講師から一言】

~40個以上のマーケティングアイデアをお持ち帰りいただきます!~


生まれつき「アイデアが出る人」というのはいません。
アイデア発想法はスキルであって、才能ではありません。逆に言えばスキルを学べばアイデアは出てきます。スキルだからこそ、経験を積むほど、年を重ねるほどにできるようになります。若いから斬新なアイデアが出るとは限りません。
また、アイデア発想の「魔法」はありませんが、道具の使い方に「うまい・ヘタ」はあります。スポーツでも語学でも、結局は「正しい知識と、練習量の繰り返し」が王道です。


このセミナーの目的は、20年以上に渡って体系化したアイデア発想法(フレーム)を演習で繰り返し用いながら、皆さんが実務で活用できるマーケティングアイデアを40個以上お持ち帰りいただくことです。演習重視のセミナーです。
楽しみながらマーケティングアイデア発想を体得し、ご業務で大いに役立てて下さい。


講師紹介

講師紹介

佐藤 義典講師

講師名 佐藤 義典
所属 ストラテジー&タクティクス株式会社 代表
略歴 早稲田大学政治経済学部卒業。NTTで営業・マーケティングを経験後、MBAを取得。外資系メーカーにて、ガムのブランド責任者としてマーケティング・営業・開発・製造などを統括。その後、外資系マーケティングエージェンシー日本法人にて、営業チームのヘッドなどを歴任。2006年ストラテジー&タクティクス株式会社設立、代表取締役社長に就任。
主な著書は、「売れる会社のすごい仕組み」「ドリルを売るには穴を売れ 」「図解 実戦マーケティング戦略 」等、多数。

セミナー概要

1.アイデア発想の基礎

・ビジネスで求められる「課題解決型アイデア」とは?
・アイデアが湧く脳への「適切な」制約のかけ方 「触媒」と「ワク」

2.実務で使える!実践的アイデア発想 3つのワク

【その1】 MBA直伝!モーフォロジカルアプローチ
・マーケティング4つの基礎フレーム
・マーケティングの基礎フレームと組み合わせてロジカルなアイデアを出す
 演習:自社のビジネス・商品でモーフォロジカルアプローチを実践

【その2】 売上5原則によるアイデア発想法
・売上を上げる方法は5つしかない!
・売上5原則でアイデアを出す4つのメリット
・5原則を別々に考えることでアイデアが湧く
・戦略とアイデアを結びつける3つの差別化軸
 演習:売上5原則で「売上」を作るアイデアを出そう!

【その③】 マインドフローを応用したアイデア発想法
・顧客をファンまで導く「7つの関門」とは?
・売り手視点ではなく、顧客視点で発想すると売れるアイデアが湧く
・重要な関門に集中して、ボトルネックを戦略的に解決
 演習:自社商品・サービスの「7つの関門」における改善アイデアを考える

3.アイデア発想100本ノック!
「アイデアの触媒」に触れ自社商品・サービスへ展開するテクニック

・売れるアイデアは他業種から学ぶ
・アイデア発想5つの原則
・ビジネスモデルのアイデア事例
 OA機器、飲料、飲食・サービス、広告、ソフトウェア…
・商品(サービス)開発のアイデア事例
 コンビニ商品、携帯電話、ホテル、家電、車、アパレル、不動産、菓子、化粧品…
・販売戦略における成功アイデア事例
 バイク、玩具、スポーツジム、アミューズメント施設、ヘルスケア、食品、アルコール飲料… 

演習:他業種の成功アイデア100個以上を「触媒」に使ってアイデア発想

開催日時 2018年12月11日 (火) 10:00 ~ 17:00
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込)昼食をご用意いたします
セミナーNo. 0915156

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top