開発部門/技術部門発「価値イノベーションの起こし方」

ビジネスを牽引する、新機軸の「価値」創出を技術者が主導するために必要なこと

マーケティング

技術トレンドや技術的イノベーションの動向を追いかけていくだけでは、ビジネスで有効な価値が生み出せない時代がすでに到来しています。これからの時代の「優れた」技術者・エンジニアは、自立的に価値を創り出せるマインドセットとスキルを持ち合わせている人材です。


本セミナーは、これからの技術者が研鑽し高めていくべき能力を確認し、日々の活動の中でその力をどう高めていくかを徹底的に検討します。さらに、開発部門・技術部門が起点となって組織的にイノベーティブな価値を生み出し続けるにはどのような取り組みやしくみが必要か?という観点も論じていきます。皆さんと同じ技術畑でP&G出身のコンサルタントが、新時代の「技術者魂」のあり方を問い直し、皆さんと共に考えていく講座です。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 高田 誠
所属 株式会社オーセンティックス代表取締役
元P&GマーケティングPR・広報部長
略歴 1987年東京理科大学卒業、P&Gの商品開発として数々のブランドを機能・シーズ開発としてカバー。特に洗濯に「除菌」という概念をプロダクト側から導入した立役者でもある。その後、多様化している消費者に対応するた めのグローバルなプロジェクトに参画。マーケティングPR・広報部長として、マス広告とPR、インフルエンサーマーケティングとを連動させたホリスティック・マーケティングに取り組む。2010年同社を退職、株式会社オーセ ンティックス代表として持続的にブランド育成ができる仕組みづくりを支援。その活動領域は消費財のみならず、通販、人材派遣、病院・医療、行政等様々な領域に広がり、研修・講演・コンサルのリピートや紹介依頼が絶えない。また、P&Gマーケティング活動研究家として最新のブランド・マーケティングをウォッチし、その整理された分りや すい切り口は高い評価を得ている。

セミナー概要

1.まずもって、「価値」とは何か?「イノベーション」とは?

・スペックvs価値:自分にとっての価値がなければ人の気持ちは動かない
・3つのレベルの価値を理解する

2.「価値」を考えるプロセスを身につける

・プロセスを180度逆転させる
・顧客理解、基本の「き」が実は勝負
・インサイトの見つけ方、価値の見つけ方
・優れた技術を価値に置き換える方法

3.「提供する価値」から商品を企画する

・モノを定義する前に、顧客の「理想体験」をデザインする
・技術ではなく、顧客の体験をイノベートするという志向を持とう
・実現方法は「なんでもあり」で考える

4.新機軸の価値が生み出せれば、事業が創れる

・イノベーションを生み出す「感性」「感じ取る力」の磨き方
・競合優位を生む、技術者の「ブランド」発想
・ゲーム・チェンジ思考を訓練する

5.価値イノベーションを起こすのはどんな組織か?

・P&Gから学ぶ、イノベーティブな組織の創り方
・数人のイノベーターを創るのではなく組織をイノベーティブに
・「受け渡し式」ではなく「チーム式」のワークプロセス

開催日時 2018年12月6日(木)13:00~17:00
会場 ベルサール飯田橋駅前 (東京 飯田橋駅)  アクセスマップ
受講料 43,200円(税込)お飲み物などをご用意しております。
セミナーNo. 0614215

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top