小売業向け提案企画編

実例に学ぶID-POS分析・活用セミナー

個客を捉えると、小売提案の可能性はどう広がるか?POSとは何が違うか?

マーケティング

営業力強化(消費財)

購買データ活用の実際~最前線と限界


小売店頭での購買データはID-POS化が大きく進み、従来のPOSよりも格段に詳細な購買実態をデータで捉えることができるようになってきています。
しかし、データ所有者である小売業自身のデータ解析や活用は人的、資金的リソースの限界から十分に進んでいるとは言えません。小売業がメーカーからの提案に依存せざるを得ない状況は変わらないままでいます。
本セミナーでは、メーカーが小売業に向けて提案していく際に、顧客を軸とした分析を取り入れるとどのような可能性が広がるのか、実例も交えて実践的に解説していきます。また、サンプルデータを元に受講者の皆さんに分析や考察を実際行っていただくワークも行っていきます。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師 白川 淳一
所属 株式会社ショッパーインサイト
略歴 2004年東邦大学理学部卒業。和日配メーカーの営業として従事し、新入社員から日本の大手流通グループのGMS担当営業となる。伝統的で新しい事を取り入れること拒みがちな和日配の営業スタイルに疑問を持ち、積極的にPOS分析をはじめとした定量的なデータを用いたプレゼンスタイルを確立して年間30億円の実績を支え、数々の新商品のアイデア創出や競争優位性を築き上げる。31歳の時に子会社の役員を務める。2015年より和日配の営業や商品開発に関する手法の改革を全体的に盛り上げていきたいと思い、㈱ショッパーインサイトに参画、real shopper SMの使い方やそれを通したプレゼン等の支援を実施し、現在に至る。経営コンサルタントの専門領域はマーケティング戦略立案と組織改革・経営改善。中小企業診断士・1級ブランドマネージャー認定。

セミナー概要

1 ID‐POSのデータベースの特徴 ~POSとの違いを知る

・ 顧客IDが分かるとできる事
・ デモグラフィック、買物属性、買物の変遷がわかる

2 営業企画が押さえておきたい小売業のマーケティングフレームワーク

・ 購入回数分析、デシル分析、RFM分析
・ 市場分析と市場機会の発見(3C分析)、
  顧客の絞り込み(STP)、マーケティングミックス(4P)、
  プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)
・ ペルソナマーケティングとは
・ 分析をする上での重要な流れ(マネジメントサイクルと層別から像別分析へ)
・ 分析を提案の企画に落とし込むためのポイント

3 事例で考えるショッパーインサイト(とある商品を事例に、実演を交えて)

テクニック1:重要顧客層を分析する
・ 性年齢構成比分析による抽出
・ 購入回数別分析による抽出
・ デシル分析による抽出 • RFM分析による抽出

テクニック2:重要顧客層の購買行動を分析する
・ バスケット併買分析で購買時の傾向を分析する
・ 期間併買分析で日常の買い物の関心事を分析する
・ ブランドスイッチ分析で購買傾向の変遷を分析する

テクニック3:特定の個人を抽出して購買行動を探る
・ 重要顧客層から特定のIDをトリミングする
・ 特定のIDの購買商品を分析する

4 ワーク: ここまでのデータを用いて、カテゴリの購買傾向の読み解きとペルソナの作成

開催日時 2018年11月22日(木)13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 43,200円(税込)お飲み物などをご用意しております。
セミナーNo. 1314214

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top