医薬品マーケティング戦略立案 基礎マスター講座

~ 製品戦略立案の正しいプロセスと実行可能性の高め方~

マーケティング

マーケティング部門に入ると日々の担当業務に忙殺され、体系的に医薬品マーケティングを学べる機会がなかなかありません。
本セミナーでは医薬品製品戦略の立案と実行を主軸に


・戦略立案の全体像と正しい立案プロセス
・コアとなるフレームワークの深い理解と使いこなし方
・戦略の実行可能性を高めるための他部門への働きかけ方


の3点に絞って体系的に2日間で徹底マスターします。
医薬品プロマネを経験した講師が実体験をもとにレクチャーしつつ、その場でご自身の業務に落とし込んで考え話し合う進行のため、わかりやすい!と好評のセミナーです。


【参加者の声】
・ブランドプランを作成する際の考え方やフレームが体系的に学べた
・現在立案しているプランの正当性を冷静に見るための知識が得られた
・教えてくれる内容を厳選しているので、丁寧で抜群に理解しやすかった
・書籍や社内業務のなかで表面的に理解していたことがより腹落ちした


【参加特典】医薬業界版「サバイバル用語集」
お申し込みいただいた方には、SWOT、LCM等のプロマネが目にする基本的なマーケティング用語を解説した、医薬業界マーケターのための実用的な「サバイバル用語集(理解度チェック付)」を事前にお送りします。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 尾上 昌毅
所属 株式会社マーケティング・インサイツ 代表取締役
略歴 北海道大学薬学部卒業後、プリストルマイヤーズ、キリンビール(現協和発酵キリン)ノバルティスファーマに勤務。11年のMRを経験後、教育研修室長、プロダクトマネージャー、マーケティング部長、事業戦略部門長などを歴任。2009年より現職でマーケティング研修・コンサルティングを手掛ける。患者さんや医療従事者のインサイトを取り入れた、開発時から発売後までの幅広いマーケティングの可能性を追求している。
コラム 医療用医薬品のプロダクトライフサイクル(PLC)マネジメント

セミナー概要

1.プロダクト戦略立案の中心人物 プロマネの仕事を理解する

(1)ハブ機能としてのプロマネの役割
(2)製品ライフサイクルとプロマネの業務

2.医薬品マーケティングプランの構成とフレームワークの使いこなし方

・PEST・3C・SWOTの関係をとらえる
・医薬品業界にける顧客とは
・「〇〇での併用を勧める・・」等残念なクロスSWOTにならない、攻めの発想方法
・自社製品にとっての市場を明確に定義する患者軸と治療軸を使ったマーケットマップの作り方
・他の薬剤には当てはまらない、その製品を成功に導くキー・サクセス・ファクター(KSF)の見つけ方
・戦略と戦術の関係  「戦略の良さは戦術にかかっている?」
・KPIは何のため?KPIの設定の意義と、効果的な運用方法

3.セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング(STP)徹底解説

(1)医薬品におけるセグメンテーション
  医療機関・医師・患者別セグメンテーションの考え方
  患者から医師へ、セグメンテーション決定までのプロセスと一目でわかる整理の仕方
  セグメントの医師像・患者像は?

(2)ターゲットとポジショニングの決定方法
  ターゲティングできるセグメントはいくつまでか
  効果的なポジショニングを行うための必要要件
  医薬品ポジショニング軸の例

4.プランの実行可能性を高めるための工夫

(1)プランの実行を阻むものとは?
(2)社内顧客への配慮 
  MRをセグメンテーション・ターゲティングするという考え方
  その施策はMRから見て“役に立つ”と思えるか?
(3)プランの実行上外せない3つの領域で本当にすべきこと
  1)MRトレーニング
  2)ブランディング
  3)KPIを効果的に使ったマネジメント

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(東京 飯田橋駅 徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 2日間 97,200円(税込)

※2日間とも昼食、飲料等のご用意をさせていただきます
セミナーNo. 3312321

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top