セブン-イレブン徹底研究セミナー

マーケティング

営業力強化(消費財)

来店客数減少を販売力強化でどう乗り越えるのか


講師紹介

講師紹介

並木雄二

講師名 並木 雄二
所属 並木経営研究所 代表
法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科教授
月刊「コンビニ」執筆者
略歴 法政大学大学院経営学修士課程終了。中小企業診断士。1981年、セブンイレ ブン・ジャパン入社。SVとして加盟店の経営指導に従事。単品管理システムの 構築にも携わる。93年経営コンサルタントとして独立。組織の 業務改革、業務改革リーダーの育成、チェーンシステムの構築・改革、スーパー バイザー・バイオヤー研修、マーチャンダイジングの始動、商品開発・マーケ ティング指導などのコンサルティング業務に携わる。指導組織はチェーン本部を中心に、メーカー、卸売業、公的組織と多岐に渡る。 月刊「コンビニ」を中心に「食品商業」「販売革新」「商業界」に執筆中。 著書に「スーパーバイザーの実務」(弊社刊)、「営業・流通革新」(共著・有 斐閣刊)など。

講師詳細

セミナー概要

1.CVS業態の現状と課題

 1) 業界再編と出店戦略の変化
 2) 大手チェーンの基本戦略
    セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート
 3) 多次元競争の行方
    Amazonの伸長とコンビニへの影響、ドラックストアとの競合

2.売上、客数、粗利益率動向と新しい営業戦略

 1) 新しい来店動機の開発とアライアンス
 2) 買い上げ点数向上による客単価の向上
 3) 新しい顧客の獲得と差別化戦略

3.セブン-イレブンの新レイアウトとMD

 1)新レイアウトによるMDの変化
 2) 強化商品カテゴリーと求められる商品・サービス
 3) 新しい顧客の獲得と差別化戦略

4.接客強化とおすすめ商品販売の強化

 1)声かけ、試食による人的販売の強化
 2) 地域別マーチャンダイジング
 3) インバウンドの対応と可能性

5.店舗(オーナー)への商品情報の流れと販促戦略

 1)店舗での実行力を高める情報開発
 2)店舗をやる気にさせる販促事例
 3)販売促進の種類と効果

6.セブン-イレブンの新戦略

 1) 運営重視と加盟店支援体制強化の方向性
 2) 新オムニチャネル戦略の行方
 3) セブンミール配送料の値上げとその影響

開催日時 2018年10月10日(水)13:30~17:30
会場 青学会館アイビーホール  アクセスマップ
受講料 41,000円(税込)
セミナーNo. 0714208

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top