POS分析千本ノック!

POSデータ分析基本徹底セミナー

POSデータ入手後の分析準備と分析体制の作り方

営業力強化(消費財)

前回(2018年4月)のセミナー実施後、ご参加頂いた方々から様々な相談をいただきました。 今回のセミナーでは、ご相談頂いた内容を検討し、「POS分析の事前準備」を新たに加えました。これは入手したPOSデータをどう精査・保管し分析するだけでなく、どう帳票開発するかまで網羅しています。事前準備以降のプログラムは、POS分析の基本を徹底的に学ぶ内容にしています。POS分析のスタートは、金額と数量のみです。
まずは、このたった2つの指標からどのような分析ができるかをあらゆる角度から取り上げます。ついで、これに客数が加わった場合、どのように視点が変化するのか。そして、この2つの視点の違いを認識したうえで、全国平均のPOSデータを入手した場合を取り上げます。さらに、ここ最近、本格化しつつあるIDが加わった場合のID付POS分析についても取り上げます。POS分析を始めたばかりの方、POS分析の基本を再度学びたい方の参加をお持ちしています。


【以前開催されたPOS分析のセミナーでは、以下のようなご意見がありました】
● 入手しているPOSデータをどう管理・活用したらいいのかわからなかったので、具体的に
相談させてもらいたいです。
● 今まで一部の営業担当者のみがPOSデータを活用していましたが、本日の内容を社内で
展開しデータ分析出来る営業を増やしていきます。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 鈴木 聖一
所属 株式会社IDプラスアイ
代表取締役社長
略歴 1988年、慶應義塾大学商学部卒業。村田ゼミでマーケティングを学ぶ。 同年、(株)船井総合研究所入社。食品スーパーの活性化に幅広く取組み、 1992年、PI値に基づくマーチャンダイジングの強化方法を確立。1998年、(有)PI研究所を設立。近年は、POSからID付POS、ビッグデータへの発展とともに、2013年、(株)IDプラスアイを設立。ここ最近では、AIの研究開発にも取り組み、その成果を活かしたマーチャンダイジングのみならず、顧客IDに基づくマーケティング戦略を提唱している。

セミナー概要

1. POS分析の事前準備

1) POSデータの取得方法と保管方法
2) POSデータの分析体制の検討
3) POSデータの実践的な分析フォーマットの開発

2. 金額、数量で見るPOS分析

1) 店舗での視点:単品、カテゴリー、部門、店舗、チェーン
2) 時間での視点:年間、月間、週間、日別、時間帯別
3) 影響要因:立地、競合、天候、販促、欠品、鮮度(在庫)
4) 実務への活用:棚割、商談、発注
   *平均単価を金額/数量で算出
   *売上高=売上数量×平均単価で分析

3. 客数が加わった場合のPOS分析

1) PI値(売上数量(金額)/客数)ってなに?
   *売上高 =客数×客単価(金額PI値)
    =客数×PI値×平均単価で分析
2) PI値の実践的な活用法

4. 全国平均のPOSデータが加わった場合のPOS分析

1) 全国平均とのGAP分析を行い、課題を抽出
2) 新商品、未取り扱い商品を抽出し、導入推奨

5. IDが追加された場合のPOS分析

1) F(頻度)の活用
2) 併買の活用
   *F(頻度)を客数/IDで算出
   *同時併買と期間併買等、併買の活用

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 43,200円(税込)お飲み物などをご用意しております。
セミナーNo. 1314207

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top