短時間の商談で得意先に刺さる!

小売業への商談力強化セミナー
「説明・提案・交渉」実践ノウハウと効果的テクニック

営業力強化(消費財)

昨今、流通小売業においては、市場環境の変化や労働環境の変化に伴い、本部や店舗の人員削減が顕著に起こり、生産性の向上、業務効率の向上への取り組みが行われています。その影響により、メーカーとの商談も時短化の動きが進んでおり、メーカーの営業担当者の頭を悩ませています。しかし、小売業からは「情報提供」「課題解決」「データによる検証」「積極的な提案」等も求められ、限られた時間の中で、どのように商談を組み立てるか?が成果に大きな影響を与えることは言うまでもありません。

本セミナーでは、小売業に対する営業場面で発生する「あるあるなケース」を解説しながら、「説明」「提案」「交渉」の考え方と効果的なテクニックを体得していただきます。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 鈴木 孝ニ 
所属 株式会社ヴァーテックスジャパン 代表
株式会社マーケティング研究協会 顧問
略歴 1980年に現ユニリーバ・ジャパン入社。卸店や大手流通小売業への本部営業担当、営業マネジメントを経験後、フィールドマーチャンダイジングチームの立上げに参画。「戦略・仕組み・育成」の3本柱をベースに数百名のチームに育て上げる。その後、セールストレーナーとして、営業部門の人材育成を担当、集合研修のファシリテーターやOJTにて、セールスのレベルアップに取組み、会社成長の礎を担う。2010年に独立し、フィールドマーケティングの仕組みづくりや、チームの立上げ、営業の本部商談研修などのコンサルティングやトレーニングをメインに活動。
講師著書:「フィールドスタッフマネジメント」 2017年5月 文芸社より発刊

セミナー概要

1)限られた商談時間で「何を」「どのように」伝えるべきか?

 ・ますます求められる商談時間の短縮化
 ・得意先が感じている商談時のストレスとは?
 ・商談時間を長く取ってもらうための話の展開方法とは?
 ・短い商談時間を有効に活用するための準備と段取り
 ・伝える側と受ける側の「コンテクスト」を把握しておく
 ・説明、提案、交渉の使い分けと商談シナリオの組み立て方

2)特長・価値を明確に伝える!新商品の説明手法

 ・興味がない相手に興味を持たせるためのノウハウ
 ・商品価値を相手目線で置き換えるFABEとは?
 ・今までとは何が違うのか?を明確に伝えるためのプレゼン技法とは?
 ・相手の理解を深めるために必ず行わなければならないこと
 ・突然の質問に備えるフレームワーク
 ・90秒間で相手に伝える新商品の説明

3)売上への期待値を高める!販促企画の提案手法

 ・相手の興味は30秒、興味を引き付けるための主旨
 ・データと成功事例を絡めて、具体的な想起!
 ・とにかく利益!徹底して利益を協調したプレゼンする
 ・資料の魅せ方、使い方と印象に残すためのビジュアルテクニック
 ・90秒間で相手をその気にさせる販促企画の提案

4) 競合よりも優位なスペースを獲得する!売場獲得の交渉手法

 ・お願いと交渉の違いとは?
 ・売場獲得交渉に必要な情報の整理
 ・状況に応じて使い分ける様々な応酬話法と、相手の反応の見極め
 ・確度を高めるためのクロージングのタイミング
 ・90秒間で承諾をもらうエンド獲得の交渉

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 40,000円+消費税3,200・・・43,200円(消費税込)
セミナーNo. 0715149

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top