インストアマーケティング徹底理解セミナー
購買心理・購買行動から考える
プロモーション効果を高める切り口

マーケティング

営業力強化(消費財)

[参加のおすすめ]
近年、多くの小売業においてオペレーション改革が行われ、売場にも大きな変化が起こっています。スペース生産性の考え方に変化が生まれており、売場構成も大きく変わっていきています。また、プロモーション手法も複雑化し、デジタル化が進む中で、短期的な成果が見えない等の声も多く聞かれます。そのような環境下、POSデータを用いたPDCAというサイクルが一般的になっていますが、その多くの取り組みは場当たりの繰り返しという現実もあります。売上効果の期待できるプランを作ることが最重要なことに変わりありません。本セミナーでは、売上を高めるための原理原則を事例を交えて体系的に学びながら、売上を高めるための思考力・発想力・提案力を養う内容となっております。消費財メーカーの営業研修や小売チェーンのバイヤー研修など、多くの企業で導入されている人気研修コースを公開セミナーとして開催いたします。
この機会に是非ご参加ください。


[セミナー内容]
売場では様々な手法によってプロモーションが行われていますが、その効果を最大限に高めるためにはどのような考え方をすべきでしょうか?売場でお客様に様々な刺激を与え、「買う価値あり」と一瞬で判断してもらうためには、非常に複雑な心理や行動の動きを理解しておくことが重要です。
しかし、その前に、その売場に立ち寄ってみようかな、という期待を持ってもらいカテゴリーへの立ち寄りを促さなければ、購買に繋がることはありません。テレビCMやチラシが入らなくても、出来ることは沢山あります。まさに、「店内でマーケティングを完結する」工夫を凝らさねばなりません。レクチャー&ワークショップによりプロモーション効果を高めるために必要な考え方や発想、ノウハウ、事例を習得していただきます。


講師紹介

講師紹介

渡邊 隆之

講師名 渡邊 隆之(わたなべ たかゆき)
所属 東京未来大学 モチベーション行動科学部 教授
略歴 イトーヨーカ堂(企画室)を経て、(財)流通経済研究所入所。同研究所にて主席研究員、理事を勤める。その後1992年より創価大学、東京理科大学でも教鞭をとり、現在は、東京未来大学教授、沖縄大学客員教授。店舗内購買行動を起点としたマーケティングの実践を研究テーマとし、理論だけでなく実務に活用できるノウハウを提供している。小売業・卸・メーカーへの教育研修の講師やコンサルティングも行い、豊富な経験に基づいた指導はわかりやすいと定評。
主な著書『セールス・プロモーションの実際』『店舗内購買行動とマーケティング適応』、講師近著「売場の科学」(扶桑書房出版)

講師詳細

セミナー概要

プログラム

1 購買への期待の高め方。店内で何を感じてもらうべきか?
2 インストア・マーケティングの3つの視点
3 前回の来店時、入店時、売場に立ち寄る前、購買後)にできること
4 お客様は店内の情報をどのように得て、行動を起こしているのか?
5「 買う価値」を高める事例とアイデア、「購買」を促進する事例とアイデア
6 価値判断の容易化:容易化の2つの視点
7 販促の費用対効果UPに向けて


本セミナーは企業内研修としての導入も可能です。社内研修での実施時には、貴社の事例を用いて具体的にカスタマイズさせていただきます。参考資料もご用意しております。
詳細はお問い合わせください。

開催日時 2018年8月29日(水)13:00~17:00
会場 マーケティング研究協会 セミナールーム(最寄り駅「飯田橋」)  アクセスマップ
受講料 39,960円(税込)お飲み物などをご用意しております
セミナーNo. 0715139

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top