【ショッピングセンター徹底理解】
~転換期を迎えるSCのこれから~

マーケティング

こんな方にお勧めします!


1)SCへ出店を考えている、または出店判断の精度を高めていきたいテナント様
2)これからショッピングセンター事業に参入をお考えの方
3)百貨店やGMSの売り場を専門店ビジネスに転換を検討している方
4)ショッピングセンターをクライアントに持つ関連業者の方


SCは、今や全国に3,200箇所、売上規模30兆円超え、全国的にみると渋谷・天神の大規模都市開発等、日本のマーケットの中でますます存在感を増しています。 一方で、地域によってはオーバーストア状態、競争が激化しテナント各社にとっては厳しい状況が生まれているのが現状です。
自社が今後付き合っていくべきデベロッパーをどう評価していくのか、出店判断の基準をどう設定すべきか。駅ビル・地下街・百貨店・モール...異なる特性と理解の難しさ。頭を抱えていらっしゃる担当者様も多いのではないでしょうか。
本セミナーでは、SC事業はこれからどのように変化し、成長してゆくのか。SCへの出店・ビジネス展開をするにあたってのディベロッパーの見極め方や、テナントへの期待等、外部から眺めるだけではわからないビジネスの特長やSC事業成功に必要な事柄を、現場のリアルな現状とともに解説していきます。


講師紹介

講師紹介

講師 西山 貴仁
所属 株式会社SC&パートナーズ代表取締役
略歴 東京急行電鉄(株)に入社後、土地区画整理事業や街づくり、商業施設の開発、運営、リニューアルを手掛ける。2012年(株)東急モールズデベロップメント常務執行役員、渋谷109鹿児島など新規開発を担当。2015年11月独立。現在は、SC企業人材研修、企業インナーブランディング、経営計画策定、百貨店SC化プロジェクト、テナントの出店戦略策定など幅広く活動している。岡山理科大学非常勤講師、小田原市商業戦略推進アドバイザー、SC経営士、宅地建物取引士、(一社)日本SC協会会員、青山学院大学経済学部卒

セミナー概要

1.商業施設を取り巻く環境と現状

1)ショッピングセンターの種類
2)環境の変化と商業施設・テナントの変遷
  (1SCあたりテナント数・店舗面積・業種構成比・SC売上…)
3)2017年、2018年の開発事例と特徴
4)ショッピングセンターを取り巻く人口構造と消費市場の変化

2.ショッピングセンター事業者の特徴と動向

1)各企業の特長と展開事例
2)各SC/百貨店のポジショニング理解
3)百貨店の新モデル構築による再生シナリオ
  事例)マルチサービス・リテイラー、百貨店の不動産型商業施設への転換、○○×商業との融合

3.ショッピングセンター事業の仕組みを理解する

1)ショッピングセンター事業の仕組み
2)収益構造、どうやって利益を上げるのか。
3)ショッピングセンターの強み、リスク分散とは。

4.ショッピングセンターにおけるマーケティング戦略の考え方 

1)商圏、ターゲット、コンセプトの考え方
2)SCにおける自社のターゲティングプロセスの理解
3)出店時にすべてが決まる!リーシングを正しく理解する

5.デベロッパーからの出店依頼…出店すべき?見送るべき?

1)ショッピングセンター出店と路面店出店のメリットデメリット
2)テナント出店にかかるコスト(敷金、賃料、共益費など)
3)出店で注意すべきポイント
 (核テナントの存在・館ゾーニング・フロア動線・フロアポテンシャルの評価)
4)建物賃貸借契約での留意点。失敗しない交渉とは。
5)テナント賃料に影響を及ぼす諸要因(工事区分他)

6.まとめ 転換期を迎えるショッピングセンターのこれから

1)SCから失われる「ショッピング」という概念
2)テナントは物販から○○へ変化
 (キーワードは健康・健康・医療・美容・余暇・自己実現!)
3)テクノロジー(VR・AIが変えるショッピングセンター

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 41,000円+消費税3280円 合計44,280円 ※飲料等ご用意しております。
セミナーNo. 0715146

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top