マーケティングのための

リサーチ&データ分析ワークショップ

いざ自分でやってみて「できた!」「なるほど!」をつかむ、ど入門シリーズ

マーケティング

【実践・ワークショップ型シリーズセミナー】

解説を聞いていた時にはわかる気がしたのに、いざ自分で実践してみようと思うと「あれ?わからない...」となってしまうことがよくありますよね。リサーチや分析業務でもこうしたことは起こりがちです。

このシリーズセミナーでは、皆さんにライトな調査も実際に行っていただきます。

やってみることで、自分の業務に引きつけやすくするためです。もしあなたが未経験でも、構える必要はありません。仮に失敗があっても、かえって学びが増えるからです。小難しい知識は後から少しずつ身につけていけば大丈夫。

知識や技術よりも〈自分で考える〉のが一番大事であることを、実践を通じて体得していただく講座です。


180322.jpg
●●シリーズで使えるリサーチスキルを身に着けます●●

1日目:3月22日(木)分析全体の構想、デザイン(終了)
2日目:4月12日(木)リサーチ、分析の設計(終了)
3日目:5月10日(木)実査(ネットリサーチを実施します)、データ収集
4日目:6月7日(木)分析~考察と次へのアクション

※各回とも14:00-17:00
※各回ごとのお申込みも可能です。詳細は下記をご覧ください。

講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師 今井 靖明
所属 株式会社マーケティング研究協会
略歴 1995年京都大学文学部卒業。大手建築設計事務所の営業として学校建築や宗教建築、公共施設などの建設プロジェクト推進を経験、飲食店(カフェ)を自営の後、マーケティング研究協会に入社。マーケティングリサーチやID-POS分析など、マーケティングに関するデータ活用の企業支援を数多く担当。食品、飲料、化粧品、保険、精密機械、電機などの業界で支援の実績がある。その他にもマーケティングや営業部門でのトレーニング、ワークショップを実施。

セミナー概要

第1回:3月22日 分析全体の構想、デザイン

・分析して、それからどうしたいのか?をまずはっきりさせよう
  マーケティングの狙い(したいこと&知りたいこと)が曖昧なままのことは意外と多い

・情報源-分析-考察の全体像を「デザイン」する
  仮説を持つこと、明確にすることに徹底してこだわる

・結果と原因の関係をコトバで整理する~仮説を数字に落とし込む
  まず認識を言葉で明確にした上で、仮説を数字で確かめる方法を考える

第2回:4月12日 リサーチ、分析の設計

・データソースの吟味、調査方法のチョイスを分析の狙いに合わせる
  ネタが悪いと腕前ではどうにもならない。
  大もとの目的を達ためにという基準で手段を固める

・定量的な分析と定性的な分析の手法を〈だいたい〉理解する
  重回帰、クラスター、因子、主成分、決定木、ラダリング、ニーズ構造化
  ──分析手法は多いが、まずはだいたい知っておけばOK

・リサーチの設計は実務的にはとても大事
  分析のイメージ、見通しを立ててから設計に落とし込む

第3回:5月10日 実査、データ収集

・実際にアンケート調査をやってみよう!(ネットリーサーチ)
  あなた自身のリサーチを実践してみる
  ※実際に10問200サンプル程度のライトなネット調査を実際に行っていただきます。
   (調査費用は受講料に含まれます)

・分析の基本は「分けて」「較べる」こと
  データを切り分ける軸を多く持って、あらかじめ「仕込む」。
  シンプルなクロス集計が実は一番重要

・「目で見る」素朴な分析で見えることは案外多い
  こんがらがってきたら、ヒストグラムや散布図など、シンプルなグラフ化に立ち返る

第4回:6月7日 分析~考察と次へのアクション

・分析、解析作業の実際
  「ひと通り」でやる作業と「目をつけて絞り込んで」進める分析

・で、結局どうなのか?
  伝わらなければ何も実現されない─結果や考察の見える化、コトバ化の大切さ

・分析が終わってからが本当のスタート、繰り返し繰り返し「リサーチ=探求」を
  次の課題は必ず出てくる。
  息をするように自然に、当たり前のように分析~考察を続けよう

開催日時 4回シリーズ:
各回とも14:00~17:00
1日目:2018年3月22日(木)
2日目:2018年4月12日(木)
3日目:2018年5月10日(木)
4日目:2018年6月7日(木)
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 全4回受講129,600円(消費税込)、1講のみ37,800円(消費税込)

※1講のみお申込みの方はお申込フォーム備考欄に参加日程をご記入ください。
セミナーNo. 0614165

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top