商品部・バイヤーに採用される提案セオリー

提案力養成講座
商品部・バイヤーに採用される提案セオリー

消費財メーカー チェーン本部営業担当者対象

<こんなお悩みありませんか?> 


小売業の商環境の変化により、メーカーに求められる提案や営業活動も変化しています。「データに基づいて得意先の課題を抽出し、その解決策を提案し、改善のPDCAを一緒に取り組んでいく。
そしてWIN-WINの結果を得る。」それが理想的な取り組みであることには変わりありません。
しかしながら、「営業スキルのバラツキ」や「営業担当の業務過多」「場当たり的な研修やOJT」という人的課題も大きいのが実態です。
本セミナーは、チェーン本部を担当する営業担当者を対象に、商品部・バイヤーへの提案営業における標準的な知識・スキルを網羅した内容になっております。提案レベルの向上、日々の業務の棚卸のために是非ご参加ください。


<前回参加者の声> 満足度100%の高評価セミナーです


・バイヤーの業務の実態や、採用してもらうための様々な方法を学ぶことができました。小売業出身の講師だったので生々しい実体験が面白かった。(雑貨メーカー)


・POSデータやID-POSデータなどを使った提案をしていましたが、メーカー都合の提案だったと反省しました。そもそも提案の入口が間違っていたので、得意先の方針、バイヤーの目標に合った提案を行っていきます。(医薬品メーカー)


・提案書の作り方、商談の進め方など、日々やっている業務を棚卸できました。改善できることが多く見つかったので、次回の提案から使ってみます(食品メーカー)


講師紹介

講師紹介

講師名 大槻 純一
所属 CMOパートナーズ 代表
略歴 慶應義塾大学大学院修士(MBA) イオンリテールに勤続時代の10数年間の間に独自の施策にて数々の成果を残す。店舗や本部の関係性やオペレーション、強み・弱みを熟知。 その後、小売業にて経験した実践とMBAのマーケティングメソッドを融合し流通小売業やメーカーを主な対象として、独自の視点を活かしたコンサルティング活動を行っている。特に消費財、流通、店舗のマーケティング戦略が専門。メーカーのセールストレーニングや提案指導も多数こなす。

セミナー概要

1)押さえておかなければならない得意先情報

・バイヤーとの協働に向けて営業担当がやらなければならないこと
・決算書から読み解く得意先の方針と戦略
・市場情報、競合情報の集め方と使い方

2)商品部・バイヤー徹底研究

・企業によって大きく異なる組織内での商品部とバイヤーの位置づけ
・バイヤーの業務領域と業務の流れ(PDCA)を知る
・バイヤーが担っている5つの目標(売上・粗利・値入・在庫・新規)
・バイヤーの頭の中を先回りして理解する(バイヤーの情報源・影響者)
・小売業が求める提案とは?データを活用した提案とPDCA

3)バイヤーへの提案書の作り方

・そもそも提案とは何なのか?
・バイヤーの興味は?提案への期待値はどこなのか?
・提案書の作成と商談のシナリオ
・メーカーの見ているPOSデータとバイヤーが見ているPOSデータのズレ
・提案に影響を大きな与えるベンダー・卸への根回し
・採用率、配荷率、実現率を高めるための提案書の工夫とは?
・どのように条件(価格やリベート)から話を逸らすべきか?

4)バイヤーとの商談・交渉の進め方

・バイヤーの頭の中を理解しておく
・取引先メーカーの評価軸とポジショニングとは?
・バイヤーが一緒に取り組みたいと思うメーカーの条件とは?
・提案採用率を高める46のチェックポイント

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 30,000円+消費税2,400円 …32,400円 お飲み物等をご用意しております
セミナーNo. 0715134

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top