定量目標達成プランの策定と
効果的な進捗チェックの考え方

~実現可能な目標・計画の作り方、進捗管理の方法~

人材育成

■下記のように感じている方におススメのセミナーです


●「計画」は立てているが、経験則からの達成計画となってしまっており、実現可能かどうかの判断ができないと感じている
●数値に落として目標を立てているが、結果に対する目標のみにとどまっているため、中間時点での状況判断ができないと感じている(そのため、計画の修正などがやりにくい)


本セミナーのポイント


1. ロジカルに「実現可能な」目標の立て方を理解する
2.成功要因を明確にし、優先順位をつける
3. 達成までに必要な期間を検討する 


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 松浦 剛志
所属 株式会社 プロセス・ラボ
有限会社 ウィルミッツ代表取締役
略歴 京都大学経済学部卒。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)審査部にて企業再建を担当。その後、グロービス(MBA教育、ベンチャー・キャピタル)にてグループ全体の統括業務、アントレピア(投資ファンド)にて投資先子会社の社外取締役などを歴任する。
2002年、戦略、人事、会計をトータル的に支援するコンサルティングファーム、ウィルミッツを創業。2006年、業務改善コンサルティングをウィルミッツから分社化し、プロセス・ラボを創業。現在は2社の代表取締役を務める傍ら、研修講師としてビジネスパーソンのスキル向上を支援している。



セミナー概要

1.【部門別】目標策定のポイント

 ・経営企画部門ー組織上の責任範囲+α
 ・営業部門とマーケティング部門―数値の根拠と割り当て+α
 ・業務・オペレーション部門―定量と定性のバランス+α
 ・開発部門―時間軸との関係+α
 ・(参考)面談、評価時によく起きる問題点

2.個人目標と他の目標との関係性を明確にする

 ・個人目標を経営目標とリンクさせる
 ・経営目標→事業目標→部門目標→個人目標の整理
 ・方針(戦略)と目標の関係を理解する

3.実現可能でモチベーションがあがる目標の立て方

 ・上位組織の方針を踏まえて「するべきこと」を定義する 
 ・「するべきこと」を定量化するKPI設定の方法
 ・目標の時間軸と具体的数値を考える

4.目標達成のための打ち手の考え方

 ・リソースの整理、KFSの整理から課題を捉える
 ・課題解決のための打ち手を考える

5.経過検証、計画修正の方法

 ・ToDoの管理
 ・計画修正のポイント
 ・行動と成果物と結果の因果関係から学ぶこと

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 48,600円(税込) 昼食をご用意いたします
セミナーNo. 0913098

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top