Amazon徹底研究セミナー

アマゾンとの大戦争を生き残るための5つの鍵

マーケティング

営業力強化(消費財)

日本のネット通販事業者として突出した1強となる勢いのAmazon。
Amazon Freshなど新規サービスの導入によりさらなる利便性を追求しています。
更に、米国ではリアルに進出し小売業界を変革しつつあります。Amazonは今後どうなるのかを国内外の事例をもとに第一人者がわかりやすく解説します。  


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師名 角井 亮一
所属 株式会社イー・ロジット 代表取締役社長
略歴 1968年10月25日大阪生まれ、奈良育ち。現在、東京秋葉原に在住。上智大学経済学部経済学科で、ダイレクトマーケティング学会初代会長の田中利見先生のゼミに所属し、3年で単位取得終了し、渡米。ゴールデンゲート大学にてマーケティング専攻しMBA取得。帰国後、船井総合研究所に入社。小売業へのコンサルティング、ネット通販参入セミナーなどに従事。
2000年2月14日、株式会社イー・ロジット設立、代表取締役に就任。同社は、270社以上から通販物流を受託する国内NO1の通販専門物流代行会社であり、200社の会員企業に物流人材教育研修や物流コンサルティングを行っている。 また、アマゾンの動向などについて日本経済新聞ほか新聞各紙や東洋経済、週刊ダイヤモンドなどのビジネス誌にも数多く出稿している。
著書に「アマゾンと物流大戦争」(NHK出版新書)、「アマゾンに挑む宅配ネット通販 」( SBクリエイティブ)などがある。

セミナー概要

1.アマゾンの3つのリアル業態と位置づけ

 1)Amazon GO
 2)Amazon Fresh Pickup
 3)Amazon BOOKS

2.アマゾンの戦略と戦術を読み解く

 1)なぜ、アマゾンは不気味に見えるのか?
 2)アマゾンのミッション経営とは

3.アマゾンのロジスティクスの進化

 1)創業から2011年
 2)2011年から2015年
 3)2016年から現在

4.オムニチャネルはどう進化するのか

 1)アマゾンの進化との対比
 2)デリバリー型vsピックアップ型
 3)(有店舗or無店舗)x(店舗在庫orセンター在庫)
 4)他人の在庫を勝手に売る?

5.アマゾンに押し潰されないために

 1)宅配問題
 2)買い物拘束時間
 3)チェーンストア理論の崩壊
 4)アイテム数と宅配の関係
 5)送料無料主義

開催日時 2018年5月17日(水)14:00-16:30
会場 TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原(JR秋葉原駅徒歩4分)  アクセスマップ
受講料 30,000円(税込)
セミナーNo. 0714175

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top