スーパーバイザー業務の基本と実践

~店頭指導・数値改善力の強化~

人材育成

営業力強化(店舗・売場)

店舗経営において、SVが重要なキーパーソンであり、SV強化の必要性を感じていながらも、人員不足や費用・時間の問題で教育体制を確立できていないのが現実・・・
そのために、「スーパーバイザーとは何か?」「どんな役割・仕事なのか?」ここの理解・共通認識がないまま「考えて動け」と指導している状況になっていないでしょうか。
また、SV現場では、人員不足と膨大な仕事量に追われ、本来やるべき業務に向き合えてない状況になっていないでしょうか。

本セミナーでは、現場での指導・改善に悩んでいるSV・店舗担当者様、また、SVのありかたを見直したい・SV教育体制を確立したいといった本部様に是非聞いていただきたいセミナーです。
SVの仕事を整理した上で、SVの業務に必要な具体的なノウハウを、実務経験を基にした生の手法を用いてお伝えしていきます。


講師紹介

講師紹介

講師 田口 勝
所属 販路計画 代表
略歴 大学卒業後、経営コンサルタント会社入社。マーケティング戦略立案支援、人事評価制度構築支援、ISO認証取得支援担当。現場での実務経験の必要性を感じ、株式会社セブンイレブンジャパン本部へ。商圏調査・競合調査・エリアマーケティングを軸に店舗の売上拡大の経営コンサルティングを実施。その後、販路企画を立ち上げ、多店舗展開支援、FC本部展開支援、商圏調査・立地調査・エリアマーケティング戦略による「数値改善」コンサルティングに従事。実務経験者としての指導は大変評価が高い。

セミナー概要

1)これからのスーパーバイザーのあり方とは?

・流通・小売市場環境の変化と、これからのSVが果たすべき役割
・本来あるべきSVの姿と現状とのギャップ その背景にある本質的問題とは?
・「他社SVは何をしている?」
 他社成功事例から学ぶSV体制の特徴と運用ポイント

2)SVの店頭指導・数値改善力を高めるメソッド

・商圏の見方 
・本質的な問題を見つけ出すための着眼点
・臨店チェックポイント
・モチベーション・面談・フィードバックの方法
・店舗との良い関係づくり

3)臨店指導の絶対条件!店舗巡回のポイントと具体的な進め

・店舗確認の目的とは?
・店舗確認が形骸化していない?チェッカーにならない“3つの秘訣”
 〔数値改善の視点、原因除去の視点、CAの視点〕
・現状分析と本質的課題の抽出
 現象面を通じて根本の原因を見つけ出し解決する方法
・店舗確認表の作成のコツ
〔真の課題解決、即効性、効率性、簡易性、効果性〕
・課題の抽出と改善方策を立案する明日からすぐ使えるツール

[ワーク]課題に基づく改善策の立案プロセス

4)現場が動かない。現場が自ら動き出すための指導の方法とは?

・間接マネジメントに重要な5つの要素
 動機付け・論理的根拠・具体的な改善策の提案
・体制構築(仕組み・従業員教育)・徹底的な検証とフィードバック
・なぜ指導した内容が実践されないのか?
 [聞く体制づくり・信頼関係・相手の心理・コミュニケーション手法]
・指導内容を徹底し、数値改善を図る店内体制の3つの方法!!
 〔責任と権限、情報の共有化、公平な評価〕
・年齢と経験の壁、業界・個店知識の壁をどう乗り越える?
 コミュニケーションを通して相手を動かす5つの指導方法

[ワーク]指導シナリオの実践

開催日時 2018年3月20日(火)13:30~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 39,960円(税込) お飲み物を等をご用意しております
セミナーNo. 0715123

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top