実例に学ぶ「ID-POS分析・活用」セミナー

ブランド/プロダクトマネジメント編

営業力強化(消費財)

メーカー目線でどこまで使え、「現実の壁」はどこにあるのか?実際の例をもとに詳説



購買データ活用の実際~最前線と限界
小売店頭での購買データはID-POS化が大きく進み、従来のPOSよりも格段に詳細な購買実態をデータで捉えることができるようになってきています。しかし、データ所有者である小売業自身のデータ解析や活用は人的、資金的リソースの限界から十分に進んでいるとは言えません。小売業がメーカーからの提案に依存せざるを得ない状況は変わらないままでいます。

本セミナーではメーカーの立場、特にマーケティング上のブランドもしくはプロダクトマネジメントの観点から、購買データはどのような形で有効に活用できるのかを、具体事例に基づき学習していきます。理論的な可能性だけではなく、実務上の現実的な限界も考慮に入れて、さらなる高度化や活用推進の方法を先行事例に学ぶ講座です。


講師紹介

講師紹介

講師イメージ

講師 白川 淳一
所属 株式会社ショッパーインサイト
略歴 2004年東邦大学理学部卒業。和日配メーカーの営業として従事し、新入社員から日本の大手流通グループのGMS担当営業となる。伝統的で新しい事を取り入れること拒みがちな和日配の営業スタイルに疑問を持ち、積極的にPOS分析をはじめとした定量的なデータを用いたプレゼンスタイルを確立して年間30億円の実績を支え、数々の新商品のアイデア創出や競争優位性を築き上げる。31歳の時に子会社の役員を務める。2015年より和日配の営業や商品開発に関する手法の改革を全体的に盛り上げていきたいと思い、㈱ショッパーインサイトに参画、real shopper SMの使い方やそれを通したプレゼン等の支援を実施し、現在に至る。経営コンサルタントの専門領域はマーケティング戦略立案と組織改革・経営改善。中小企業診断士・1級ブランドマネージャー認定。

セミナー概要

1.ID-POSデータで分かることとは ~スーパーの購買データだからできること~

1)目立って・買い続けて・いっぱい買ってもらえる良い商品
2)買った人食生活をのぞき見る
3)詳しくわかるから始まるマーケティング戦略・ストーリー

2.先行事例でわかるID-POSの世界

1)「目立たない商品」の課題発見と改善策
   ~時流の乗せ、たこ焼きソースの売上をアップさせる
2)「買い続けてもらえない商品」の課題発見と改善策
   ~水煮野菜は便利さが一番のキモ、用途を考えて選ばれる商品をつくる
3)「いっぱい買ってもらえない商品」の課題発見と改善策
   ~梅干しはシリーズで買ってもらい、まとめ買いを狙え
4)併買分析で分かる適切な商品の打ち出し時期の検討
   ~鍋つゆユーザーは豆腐に不満?本当の打ち出し時期を見極める

3.ルーティーンとして行うID-POS分析

1)クロスABC+リピートABC分析
2)52週MDカレンダーのグレードアップ
3)個別スーパーチェーンのID-POSとの比較

4.実践して分かるID-POSの数値(ワークショップ)

1)カテゴリー分析からの課題の発見と改善策
2)ブランド分析からの課題の発見と改善策

5.まとめ

ID-POS分析を導入して成功する会社の特徴と浸透方法

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 43,200円(税込) 飲料などをご用意しております
セミナーNo. 1314166

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top