2時間でわかる!アメリカ流通最新事情

マーケティング

ホールフーズ買収などリアル店舗での存在感も増しているAmazon。
買物代行の普及に見られる購買行動の変化によるEC化の伸長。
それらに対する既存小売業の対応の最新策を野村総合研究所のコンサルタントがわかりやすく解説します。


講師紹介

講師紹介

講師 森田 哲明
所属 株式会社野村総合研究所
消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部
上級コンサルタント
略歴 東京大学大学院卒業後、株式会社野村総合研究所に入社。専門領域は、消費財・小売流 通・サービス産業をはじめとしたB2C領域全般における経営計画・事業計画の立案およ び実行支援。2016-2017で日系企業のニューヨークオフィスに出向し、オムニチャ ネルおよびマーケティング領域の事業推進を担当。

セミナー概要

1.アメリカの小売流通市場の概要

1)主な企業の動向
2)EC化とそれに伴う既存小売の対応
  Amazonの成長と既存小売業の生き残り策
3)EC化が進む要因
  買物代行の普及に見られる購買行動の変化

2.リアル小売から見たネット小売、ネット小売から見たリアル小売

1)企業事例(Amazon、Walmartなど)
2)リアル小売・ネット小売のお互いの捉え方

3.アメリカの動向から見える日本の小売流通の今後

1)日本でも想定される変化
2)日本企業に求められる対応

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 25,000円(税込) ※飲料などをご用意しております
セミナーNo. 0714161

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top