「医薬品プロマネのためのデータ分析」勉強会 第2回

医薬品プロマネ必見!データ分析勉強会開催

マーケティング研究協会では、2018年3月7日(水)18:45~20:45に「医薬品プロマネのためのデータ分析勉強会」を開催します。

プロマネの業務にとって今後ますます重要になる、顧客や市場の深い理解。
なぜ処方されるのか、されないのか、その「要因分析」や「予測」。
こうした市場理解のために必応な分析力向上のための知識を基礎から学んでゆきます。



■本勉強会の特徴■
・プロマネの業務にとって重要な市場分析の手法や知識を向上させます
・医薬品マーケティングの経験をゆする2名のナビゲーターによって、実務に役立つデータや分析・活用方法を解説します
・他社のプロマネと情報交換をしながら互いの分析力を高め合います
・18:45~の2時間で業務終了後に気軽に参加でます



■あなたの分析力を上げるこんな疑問にお応えします■
・世の中にはどんなデータがあるの?
・自社では(自分では)こんなデータの使い方をしているがこれで良いの?
・医薬品のプロマネはどんな時にどんなデータが使えるの?


第2回目のテーマは「病い・老い」です。


終了後、会場近くで簡単な懇親会を行います。(実費負担@3,000円~4,000円)
講師2名も加わり勉強会の続きや医薬マーケティングのテーマで対話します。
希望者は当日お気軽に参加ください。

medical_study1.jpg


講師紹介

尾上 昌毅氏
(株)マーケティングインサイツ代表取締役
元ノバルティスファーマ、ブリストルマイヤーズ

石川 栄一 氏
旭化成ファーマ(株) 医薬マーケティング総部 マーケティンググループ
 

セミナー概要

◆プログラム

1.オリエンテーション

2.「病い・老い」解題(*1)

3.データの読み方紹介(*2)

4.リフレクションタイム

5.次回開催お知らせ


*1:「社会学入門(有斐閣 2017年10月刊 筒井淳也、前田泰樹著)」の第5章「病い・老い」
の内容を解題しながら、社会学では病いや老いをどう「量的および質的」に調査してきたのかを探ります。
同時にそれが、我々医薬品マーケティングの市場理解にどう影響するのかを考えます。上記書籍が無くてもわかるように勉強会を進めますので、書籍購入は必須ではありません。

*2:
患者数や処方数、チャネル別プロモーション、MR評価など、各種セカンダリーデータが調査会社から販売されています。
今回の第2回勉強会では、これらのデータの特徴を整理し併せて活用シーンをご提案いたします。



■■4月18日にプロマネ養成講座(基礎編)を開催いたします!■■

「これからプロマネやブランドマネージャーになられる方、なったばかりの方、基礎から勉強し直したい方必修!」

企業によってプロダクトマネージャーやブランドマネージャーの仕事は様々ですが、製品の最終責任者として担う責務、その核となるのはブランドプランの立案と実行力です。複数の部門や関係者を巻き込み、製品ライフサイクルの限界を超えていく。
そんな企業の要となりうるポジションについた新任プロマネの方が、早期に習得したい知識と仕事の進め方を2日間で習得いただきます。

詳しくは下記URLよりご確認ください。
http://www.marken.co.jp/seminar/2018/04/post_578.php

開催日時 本セミナーは終了しました。
同様のセミナーの開催が決定している講座もございます。
公開セミナー一覧をご確認ください。
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 3,240円(税込)

本テーマを貴社のニーズに応じた「企業研修」として実施することも可能です。
また各種「コンサルティングプラン」もご提案しております。
お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問合わせはこちら

お電話でのお問合せ
03-5227-5711

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top