演習で解る!できる!「新規ビジネスの創り方・進め方」

新規事業・新製品・新サービスのアイデア創出と事業化プロセス

マーケティング

・メーカーの商品企画・開発担当の方
・IoT等を用いた新たなソリューションを開発している方
・現在、新規事業の開発を行っている方

このような方にむけて、
第1部では新規ビジネスのアイデア創出方法を様々な切り口で紹介、また、それらの留意点を解説いたします。
第2部では創出されたアイデアを事業化するためのプロセスを詳説いたします。各部で演習を通して講義内容を復習し、自社で活用できるスキルとして体得していただきます。


講師紹介

講師紹介

講師 伊藤 隆裕
所属 マーケティング研究協会
シニアトレーナー
略歴 大学卒業後、(株)リクルートに入社しHRの営業・広告ディレクションを行う。その後、グローバルマーケティング会社にて新興国のリサーチとマーケティングを行い、食品やIT、電機品などの海外事業戦略を策定。2010年より現職。主な担当分野は新規事業開発、生産財マーケティング。これまでに書き上げた企画書は4000枚を超え、電機、機械、化学、通信、食品、流通などの分野で毎年3~5テーマほどの新規事業の立ち上げの支援を行っている。(社)日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー。

セミナー概要

第1部 9:30~13:00 :ビジネスチャンスの創り方

1.良いアイデアは適切な条件を課すことで生まれる(自由な発想という落とし穴)
 ・全くのゼロから良いものは生まれにくい
 ・異形化には革新的なネタが数多く潜んでいる

2.顧客や業界を起点としたビジネスチャンスの見つけ方(&留意点)
 ・既存客のニーズに応えようとするほど新しい客が遠ざかる落とし穴
 ・目の前にある困りごとの一歩先を見通す
  【演習】顧客・市場を深掘りし、潜在ニーズを発見する

3.商材や自社技術を起点としたビジネスチャンスの見つけ方(&留意点)
 ・新技術からの検討
 ・既存技術からの検討
  【演習】できる発想法でビジネスアイデアを出してみる

4.世の中の変化やトレンドからのビジネスチャンスの見つけ方(&留意点)
 ・欲求は所有から利用・体験へ(価値=コスト/ベネフィット)
  【演習】シェアリングエコノミーを題材に新事業のタネを発見する

5.ビジネスアイデアはどの段階で事業化(商品化)検討の評価を行うべきか?
 ・新たな発見に基づく「Who/What/How」ができるまで仮説検証を繰り返す

第2部 14:00~17:30 :ビジネスアイデアの事業化プロセス

6.事業の構成要素「誰に、どんな価値を、どのように」を理解する

7.出来るのか?儲かるのか?の前に「本気で取り組む価値があるか」を考えよう

8.創造力の発揮や企画のブラッシュアップは潜在ニーズを捉えた後にやろう

9.新製品や新サービスの顧客価値をコスト(直接/間接)/ベネフィット(機能/情緒)で分析

10.このくらいは押さえておきたい5つのビジネスモデル

11.事業計画書作りの基本
 ・事業計画書に盛り込むべき内容(必要条件と十分条件)
 ・ビジネスモデルは文章でなく図解で示そう
  【演習】新規事業のビジネスモデルを描き、何が欠けているか検証する

開催日時 2018年2月27日(火)9:30~17:30
会場 マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)  アクセスマップ
受講料 【全日程参加】 48,600円(税込、昼食付)

【第1部】または【第2部】のみのご受講の場合   32,400円(税込)
お申込み備考欄にお申込み区分をご記入ください。
セミナーNo. 3415120

マーケティング研究協会の研修・コンサルティングはこちらから

Page Top